成果報告書詳細
管理番号20100000000040
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A17014d カーボンナノチューブの金属・半導体型大規模分離技術の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所田中丈士
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約ハイスループットな分離条件の検討が可能な実験系を確立し、100種類以上の界面活性剤から金属・半導体CNTの分離に使用できるもののスクリーニングを行った。その結果、最も分離能に優れた界面活性剤である「ドデシル硫酸ナトリウム」に匹敵する分離精度を有している界面活性剤の発見に繋がった。また、10mgのCNTの大量分離に成功した他、特別な機器を必要としない非常に簡便な分離法である、凍結-解凍-圧搾法を開発した。さらに、分離CNTからゲルの除去を必要とせず、分離の自動化が可能となるカラム分離法の開発にも成功した。
英文要約High throughput screening system was developed and more than one hundred kinds of surfactants were screened for the separation of metallic and semiconducting CNTs. As a result, one surfactant was found comparable with sodium dodecyl sulfate which is the most effective surfactant for the separation. Separation of 10 mg of CNTs succeeded, and quite easy separation method, freeze, thaw and squeeze method, was developed. Column separation method was also developed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る