成果報告書詳細
管理番号20100000000050
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B42001a 希土類酸化物の構造制御による新しい環境触媒の創製 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人大阪大学増井敏行
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約立方晶蛍石型構造を有するCeO2-Pr6O11-Bi2O3触媒を合成した。この触媒は低温から格子内酸素を供給することができ、パティキュレート燃焼が促進されることが明らかとなった。また、合成する際に、凝集防止剤(分散剤)としてポリビニルピロリドンを添加すると、触媒の表面積が増大し、パティキュレートの燃焼温度がさらに低下することが明らかとなった。実際に車両から回収したパティキュレートの燃焼温度を評価したところ、345°Cという低い温度で完全に燃焼した。CeO2-ZrO2-Bi2O3触媒を高比表面積のγ-Al2O3表面に担持し、さらにPtを分散させた触媒を調製することにより、代表的なVOCであるエチレンを65°Cで、トルエンを120°Cで完全燃焼することに成功した。一方、結晶構造中に大きい隙間を有する立方晶C型希土類三二酸化物が、一酸化窒素の直接分解に対して優れた触媒活性を示すことを見いだし、なかでもGd2O3を母体とした(Gd1-x-yTbxBay)2O3-yが、これまでに報告されていた触媒よりも高い一酸化窒素の直接分解活性を示すことを明らかにした。
英文要約Novel oxidation catalysts based on CeO2&-Pr6O11-Bi2O3 solid solutions have been synthesized. The catalysts promote oxygen release at low temperatures, and the oxidation of the particulate matter can be realized as low as at 345°C. Pt/CeO2-ZrO2-Bi2O3/γ-Al2O3 catalysts for VOC oxidation have been prepared and ethylene and toluene are completely oxidized on the catalysts into steam and carbon dioxide at 65°C and 120°C, respectively. Cubic rare earth oxide catalysts for direct decomposition of nitric oxide have been synthesized. Among them, (Gd1-x-yTbxBay)2O3-y catalysts exhibit higher activities than those of the conventional catalysts.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る