成果報告書詳細
管理番号20100000000063
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A05201a FePtナノ粒子を用いたナノ磁気医療技術の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/13
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学前之園信也
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約(1) 安全性試験 AET修飾FePtナノ粒子のAmes試験および染色体異常試験を実施した。その結果、Ames試験ではAET修飾FePtナノ粒子は陰性であったが、CHL/IU細胞に対する染色体異常誘発性を有する可能性が高いと結論付けた。(2) 磁気分離 細胞小器官の単離/構造タンパク質の同定を可能とする技術開発を行うことを目的とし、磁性ナノ粒子の合成とリポソーム内包のための表面修飾に取り組んだ。超電導磁石を用いた分離実験の結果、有機溶媒に分散した20nmの強磁性粒子と、水に分散した20nmの強磁性粒子が分離可能であることが確認された。
英文要約(1) Safety examinations Genotoxicity of superparamagnetic FePt NPs capped with 2-aminoethanethiol (AET) was evaluated using the bacterial reverse mutation assay (Ames test) and in vitro chromosomal aberration test. Mutagenicity of AET-capped FePt NPs was found to be negative in the Ames test, while clastogenicity of FePt NPs seemed to be false-positive in the in vitro chromosomal aberration test using Chinese hamster lung fibroblast cells.(2) Magnetic separation In this study, magnetic force acting on the targets was enhanced by the combination of superconducting magnet and the filter consisting of ferromagnetic NPs. By doing so, we confirmed that Fe3O4 of 20 nm in diameter was trapped in the magnetic filter under an external magnetic field of 0.5 T. Fe3O4 encapsulated with phospholipid liposomes of 200 nm in diameter was also shown to be trapped as external magnetic field of 1.5 T.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る