成果報告書詳細
管理番号20100000000066
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08C46204a 自己組織化マイクロリンクルを利用した微小体積液体のマニピュレーション 平成20年度中間
公開日2010/2/13
報告書年度2008 - 2008
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所大園拓哉
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約マイクロリンクル作製手法の確立と液体駆動の基本操作を確立し、また精密操作への装置を作製した。マイクロリンクル作製手法の確立:弾性基板表面に様々な薄膜(高分子材料、無機材料)を形成し、続く応力印加によってマイクロリンクルを作成する手法を確立した。主にエンジニアリングプラスチックの高分子薄膜を用い、応力印加に耐え、液体耐性を有するマイクロリンクルの作成・材料条件を得た。液体駆動の基本操作の確立:液滴を載せたサンプルに大域的に加える応力により、リンクルの溝の毛細管力を上昇させて溝にのみ液体が注入された微小液柱のアレイ(幅ミクロン程度、長さは幅の10倍以上)を自発生成する方法を調査した。その結果、様々な液体に適応できる一般的な条件を見つけることができた。局所的な液滴操作に向けて:光学顕微鏡観察下で光パターンを与えるための装置作製と初期検討を行った。
英文要約In this year, we have established (1) a preparation method of the surface with microwrinkles for the liquid manipulation, and (2) a basic method to shape the liquid on the microwrinkles. (1) By preparing various thin films (polymer or metals) on a smooth surface of the silicone rubber, the microwrinkles were prepared under the compressive strain. The engineering polymers(resins) showed good durability against the following strain exertion and resistance against many organic liquids. (2) After putting a small liquid droplet on the microwrinkles, the sample was compressed uniaxially to make the groove depth increased. Then, the capillary force started to act to the liquid; the liquid filaments formed spontaneously only in the grooves of microwrinkles (width ~ microns, (length) > 10(width)). The general condition for this phenomena was found, which can be applied various liquids.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る