成果報告書詳細
管理番号20100000000068
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08C46223a 微弱電磁波による異常状態判定システムの開発と応用 平成20年度中間
公開日2010/2/19
報告書年度2008 - 2008
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所鍛冶良作
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約 微弱電磁波による人センシング特性に関する研究おいて,315MHz帯RFIDデータ収集用のプログラムをlinux,WinXPベースで開発した.得られた電界強度データから転倒状態を判別するプログラムの開発と転倒検出に効果的な装置の配置決定手順を考案した.具体的に,洗面所での転倒検出実験に適用し,僅か1枚のRFIDタグで転倒状態を検出することに成功した.また,設置位置が不完全な場合でも最大4枚のタグで転倒状態を検出する情報処理方法を考案した.
 介護関係者への取材によって,転倒事故の多くが排尿行動に起因していることがわかった.事故発生場所はベッドから洗面所までの経路上で,ベッド周りが一番多いことがわかった.現場看護師たちのニーズは,ベッドの上での活動状態を把握して,トイレに行く行動を察知して転倒を未然に防ぎたいというものであった.
 以上の情報に基づき,人体の動きを把握することを目標に研究施設内において追加実験を行い,就寝状態の把握が可能であることを示唆するデータを得た.
英文要約 The network program for collecting 315MHz RFID data has been developed on linux and WinXP base has been developed. From the obtained electric field strength data, the judgment program for fall accident has been developed. Also a deployment method of RFID tag system has been proposed. The proposed method has been applied to the experiment in lavatory, and the detection has been succeeded with only one RFID tag.
By coverage to the person concerning the nursing facilities, it was found that a lot of falling accidents originate in the micturition action. Also found that the accident generation place is on the route from the bed to the lavatory and accidents happen most around the bed. Nurses want to grasp the elderly persons' activity on the bed, to gather the micturition action, and to prevent the falling accident beforehand.
The further experiment was done in the research facilities, and it was obtained data that suggests the possibility to grasp the state of sleeping in the bed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る