成果報告書詳細
管理番号20100000000069
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08E51003d 産業用チタン合金の日本発の新加工プロセス(α’(アルファプライム)プロセッシング)技術とその高機能化技術の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/13
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人東北大学松本洋明
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約1.新α’ 型チタン合金の冷間加工性の定量化 今年度はTi-V-Al系でAl量を4%以下に制限した合金組成で、またTi-V-Sn系でSn量を6%以下に制限した組成にてα’相は従来の(α+β)相に比べて良好な冷間加工特性を示し、80%以上の冷間圧延性を示すことがわかった。2.冷却速度を制御した産業用チタン合金の組織と冷間加工性を中心とした機械的特性の調査 航空機用Ti-6Al-4V合金については加工性が増加する(冷間圧延性:43% (従来は30%未満))熱処理条件(950℃-水焼入れ)を選定した。これは組織が等軸状の平衡α相とα’マルテンサイトの混相組織の時に達成されることがわかった。3.フランスチーム(INSA LYON)との共同による基礎研究の充実化と国際連携強化  2008年7月、2009年1月にそれぞれプロジェクト共同研究キックオフミーティングおよび成果報告会を行った。研究ではそれぞれ分担者が急速加熱-冷却システムを利用した組織制御、破壊評価を行った。
英文要約1. Quantitative evaluation of cold rolling ability in α’ Ti alloys Excellent cold rolling ability more than 80% reduction is exhibited in composition less than 4% Al in α’ Ti-V-Al alloy, and in composition less than 6% Sn in α’ Ti-V-Sn alloy.2. The examination on mechanical properties and cold rolling ability in relation to microstructural evolution in industrial Ti alloys. We optimize the heat treatment condition at 950℃ followed by quenching into ice water to obtain the excellent cold rolling ability of 43 % reductions. And this is achieved by controlling the microstructure to be equiaxed (α+α’) structure.3. Strengthening the international relationship between Japan and France based on basic academic researchKick off meeting and project meeting were held on July/2008 and January/2009, respectively.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る