成果報告書詳細
管理番号20100000000085
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A02013a 新規ヌクレアーゼ耐性人工核酸アプタマー作製技術の開発と医薬・診断薬への応用 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人群馬大学桑原正靖
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約人工核酸のランダムスクリーニングを目的として、主に糖部位およびリン酸部位に修飾を施した人工核酸を用いたポリメラーゼ反応を詳細に検討した。核酸の各部位への修飾がポリメラーゼ反応に及ぼす影響は、リン酸部位>糖部位>塩基部位の順に大きいことが分かった。また、塩基部位修飾と同様に、プライマー鎖末端への修飾は伸長部位近傍の鋳型鎖への修飾よりもポリメラーゼ反応を遥かに低下させた。これらの結果より、糖部位やリン酸部位を修飾した人工核酸のランダムスクリーニングにおいて、従来のSELEX法を適用させることは困難であることが分かった。しかし、用いるポリメラーゼや反応条件を選択すれば、人工核酸を鋳型としてDNAを酵素的に調製できることから、Non-SELEXセレクション法や一段階セレクション法への適用が可能であることが示唆された。さらに、新たに合成した糖修飾人工核酸のヌクレアーゼ耐性評価を行ったところ、タイプMのヌクレオチドを含むDNAは天然型のDNAの320倍もの優れた耐性を示すことを明らかにした。現在、タイプMの糖部位修飾人工核酸などのランダムスクリーニングを進めている。
英文要約We investigated polymerase reactions using an artificial nucleic acid modified at the sugar and phosphate moieties in addition to our previous research on modification at the base moiety. Our data indicate that the order of effect of modification on the polymerase reaction is phosphate > sugar > base. Phosphate and sugar modifications to the extending strand were found to decrease the catalytic efficiency of DNA polymerase to a greater extent than modification to the template strand. Complimentary DNA strand could be synthesized enzymatically from the corresponding artificial nucleic acid when appropriate polymerase and reaction condition were selected. The results indicate that these modified nucleic acids can possibly be applied to non-SELEX and one-step selection methods but not to the conventional SELEX method. Currently, random screenings involving sugar modified nucleotides are in progress.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る