成果報告書詳細
管理番号20100000000088
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A08010c 酵母を利用したバイオマスからの2-デオキシ-シロ-イノソースの発酵生産システムの開発 平成20年度中間
公開日2010/2/19
報告書年度2008 - 2008
委託先名新潟薬科大学高久洋暁
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約・ 酵母Pichia pastorisにDOI合成酵素遺伝子を導入することにより、組換えDOI生産酵母の作製に成功した。
・ 酵母S. cerevisiae細胞内で遺伝子を高発現させるSc-PDC1プロモーター,K. lactis細胞内で遺伝子を高発現させるSc-HXT7プロモーターを見出した。
・ DOI合成酵素の基質であるグルコース-6-リン酸を細胞内に蓄積するK. lactis Δrag2を作製した。
・ 米由来バイオマスの糖化方法について検討を行った。
英文要約・ We constructed DOI-producing recombinant Pichia pastoris by introducing btrC gene.
・ Sacchromyces cerevisiae PDC1 and HXT7 promoters expressed high levels of beta-galactosidase in S. cerevisiae and Kluyveromyces lactis, respectively.
・ We constructed the glucose-6-phosphate accumulating K. lactis Δrag2 strain, which lacks RAG2 gene coding phosphoglucose isomerase.
・ We investigated to change biomass to glucose with high conversion rate.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る