成果報告書詳細
管理番号20100000000089
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B33005c 未利用熱エネルギーの貯蔵と有効利用を目指した金属酸化物系高密度化学蓄熱材の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人東京工業大学劉醇一
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約200℃-300℃で蓄熱操作が可能な化学蓄熱材として,塩化リチウム添加水酸化マグネシウムを合成し,その反応性を評価した.その結果,LiCl/Mg(OH)2 (1:10)は,280℃で蓄熱操作に相当する水酸化マグネシウムの脱水反応が進行し,さらに110℃において水和反応(水蒸気圧57.8kPa)が進行した.この時の蓄熱密度は1360 kJ kg-1と試算された.
英文要約Lithium chloride added magnesium hydroxide (LiCl/Mg(OH)2) was evaluated as a material for chemical heat storage. Dehydration as heat storage operation at 280 degree C of 6.8wt% LiCl/Mg(OH)2 was proceed and it can react with 57.8 kPa of water vapor at 110 degree C. The heat storage capacity for above condition was evaluated as 1360 kJ kg-1.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る