成果報告書詳細
管理番号20100000000095
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B40001c グリセリンの化学品・燃料への変換プロセス用触媒の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/13
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人筑波大学冨重圭一
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約グリセリンの水素化分解反応において、Reを添加したIr触媒(Ir-ReOx/SiO2)が1,3-プロパンジオールを高い選択性で与え、現時点で最高で30%程度の収率が得られた。これは、開発触媒においては、1,3-プロパンジオールを与える選択率が高いと同時に、1,3-プロパンジオールの逐次水素化分解反応が極めて進行しにくいことに起因していることが示唆された。また、溶媒として水を用いない無溶媒条件でも高い選択率で1,3-プロパンジオールへの水素化分解反応が進行することを明らかにした。
英文要約It is found that Ir-ReOx/SiO2 catalysts gave high selectivity to 1,3-propanediol in the glycerol hydrogenolysis and the yield of 1,3-propanediol reached about 30%. This characteristic performance of Ir-ReOx/SiO2 is due to high selectivity to 1,3-propanediol in the hydrogenolysis of glycerol and the suppression of the consecutive hydrogenolysis of 1,3-propanediol to 1-propanol. In addition, Ir-ReOx/SiO2 catalysts showed high selectivity to 1,3-propanediol in the glycerol hydrogenolysis without using any solvents.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る