成果報告書詳細
管理番号20100000000096
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A25007d 金属疲労しない強靱な鋳造合金の創製 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人東北大学横山嘉彦
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約昨年度得られた高延性バルク金属ガラスの結果を基に、高延性化の根源を求めた。ランダム構造体は可動転位を有しないため剪断帯による不均一変形により変形を行うが、より均一な変形が行われるための基礎的な研究を行った。結果として、液体からの凍結体積が大きい方が剪断帯の形成頻度が高くなり、高延性を示すことがわかった。さらに、剪断帯内部の粘弾性変形についての考察を行い、粘性値として3.8×103 Pasという値が得られ、見積もった剪断帯内部の平均温度は840 Kとなり、過冷却液体領域での変形であることが推察される。これらの知見から、過冷却液体領域での粘性値の充分な低下が延性発現に重要な一要素であることがわかった。
英文要約Based on the systematically investigation on Zr-TM-Al cast glassy alloy, we developed the alloy design method to obtain a malleable ductile cast glassy alloy. Tensile test of cast glassy alloy with distinct plastic elongation has been performed to estimate viscous flow in shear band. Viscous flow in shear band during tensile plastic deformation appears to occur uniformly with a constant shear deformation rate, and the estimated viscosity is 3.8 ×103 Pas when the shear band width is assumed as 15 nm. In addition, temperature rise in shear band is estimated from the relationship between the temperature and viscosity in supercooled liquid state. It is also concluded that the effective mean temperature in moving shear band is about 840 K. As conclusion, low viscosity in supercooled liquid state is one of necessity factors to realize tensile ductility
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る