成果報告書詳細
管理番号20100000000099
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A39007d 省エネルギーと環境保全のための放電光源の効率向上と無水銀化 平成20年度中間
公開日2010/2/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人愛媛大学神野雅文
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約本年度は、キセノン蛍光ランプについて、ICCDカメラによる放電の時間分解画像解析および数値電界計算により外部補助電極配置による効果の物理的な機構に関する理解が進んだ。また、放電管の接地側の抵抗値を変化させて浮遊容量を通して流れる電流による消費電力を制御することでランプの発光効率を改善できる可能性があることを見いだした。そのほか、数値計算モデルの構築や駆動パルス波形の最適化を進めた。
英文要約By the imaging analysis of the discharge plasma propagation in the Xe lamp using ICCD-camera the understanding physical mechanism of the effect of the Auxiliary External Electrode (AAE) has progressed. Also numerical electric field calculation in the lamp has progressed. The efficacy is improved by controlling the plasma potential with the ballast register on the ground side.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る