成果報告書詳細
管理番号20100000000126
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07C46010a スピントロニクス技術を用いた有機電子デバイスの開発 平成20年度最終
公開日2010/2/26
報告書年度2007 - 2008
委託先名国立大学法人北陸先端科学技術大学院大学仕幸英治
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約スピントロニクス技術を用いた有機電子デバイスとして、強磁性陰極および三重項発光分子を有する有機EL素子の開発を行なった。Fe陰極素子はスピン機能、すなわち円偏光発光を示したが、Al陰極素子は円偏光発光を示さなかった。Fe陰極素子の円偏光特性は、強磁性電極Feの磁化過程を反映した。しかしながらその円偏光度は印加磁場1.6 Tでも0.4 %であり、他の発光分子を用いた素子の円偏光度0.8 %と比較すると、ほとんど変わらなかった。また、Feのスピン分極率45 %と比較すると、非常に小さかった。円偏光度の電子輸送層膜厚依存性は観測されなかった。スピン注入による円偏光発光を創出することには成功したが、発光分子の変更による円偏光変換の効率化や、電子輸送層の薄型化だけでは、円偏光度は向上しなかった。
英文要約Organic light-emitting devices (OLEDs) with a ferromagnetic cathode and with a phosphorecent molecule were developed. Circular polarization as a spin function was observed from OLEDs with an Fe cathode, whereas no circular polarization was observed from OLEDs with an Al cathode. The circular polarization properties of OLEDs with an Fe cathode reflected the magnetization process of the Fe cathode. The maximum degree of circular polarization of the OLEDs was 0.4 %, corresponding to the value at the applied magnetic field of 1.6 T. The value was almost similar to the value of the OLEDs with an other emissive molecule, and was much small compared with the ideal value expected from the spin-polarization of the Fe cathode. Also, no electron transport layer thickness dependence of degree of circular polarization was observed. The production of circular polarization due to spin-injection was succeeded, although the degree of circular polarization was still small.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る