成果報告書詳細
管理番号20100000000131
タイトル平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07C46054a 三次元画像技術を活用した低侵襲高精度診断治療用手術支援システムの開発 平成20年度中間
公開日2010/2/26
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人東京大学廖洪恩
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約研究開発2年目は、主に医用画像処理技術とユーザマルチモーダルインタフェースを融合し、高速IV画像処理技術を組み込んだインタラクティブな術前診断・計画、術中治療支援システムの開発と、インテグラルビデオグラフィ三次元高臨場感ディスプレイよる手術空間の構築、手術器具などの手術中情報の提示また体内を透視したイメージオーバーレイシステムの開発に取り組んだ。
英文要約We developed a hardware rendering method that implements the current IV rendering algorithm onto the graphical processing unit (GPU). With our proposed system, surgeons can smoothly interact with the IV image almost in real-time. This feature is particularly useful in surgical navigation systems where real-time vision of the surgical site is consistently required.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る