成果報告書詳細
管理番号20100000000135
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A02003a 低コスト化抗体医薬の分子進化工学的デザイン 平成20年度最終
公開日2010/2/24
報告書年度2007 - 2008
委託先名国立大学法人東北大学浅野竜太郎
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約リンカー等の改変により自己アセンブリ化させたscFvを表面プラズモン共鳴、フローサイトメトリーにより精密な速度論的解析を行った。ヘテロscFvから成るdiabodyのVHとVLの連結順を入れ換えたLH型diabodyを作製したところ、自己アセンブリ化と著しい活性の向上がみられた。一方、可溶性のリンカーランダム化scFvライブラリを別途添加することで、分子進化工学的手法による自己アセンブリ化抗体の取得に成功、さらに、その汎用性を示すために自己アセンブリ化LH型diabody取得のための共発現ファージミドベクターの開発を行った。
英文要約We performed a detailed functional characterization of self-assembled scFvs by surface plasmon resonance spectroscopy and flow cytometry. We subsequently constructed diabodies with intense cytotoxicity by converting domain order. Self-assembled scFvs were also prepared using phage display system and soluble scFv library with randomized intermediate linker. Further, we developed a novel co-expression shuttle vector for preparation of self-assembled diabodies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る