成果報告書詳細
管理番号20100000000136
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A04001a ハイブリット化技術による三次元インテリジェント人工神経組織の開発 平成20年度最終
公開日2010/2/24
報告書年度2007 - 2008
委託先名国立大学法人九州工業大学青木俊介
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約本年度は神経組織構築を情報処理システムへ連結するための多電極アレー(MEA)をCO2インキュベータに連結し長期培養可能なシステム構築を行った。さらにMEA上に蛍光タンパク質が発現した神経系前駆細胞を培養し、そこから分化させた神経系組織を構築した。この系に種々の神経系毒性を有する化合物を投与し、個々の化合物特異的な神経ネットワークの応答性を検出する事ができた。この神経系前駆細胞から作製した神経ネットワークでのMEAによる計測系が毒性試験等に応用可能であることが確認できた。
英文要約We constructed a system of multi-electrode array (MEA) with CO2 incubator unit for long term culture of neural cells, and we generated neural tissues on the MEA system by using neural progenitor cells expressing fluorescent proteins. We tested several types of neural toxins by the MEA system and we were able to detect specific responses of the MEA-neural network for specific types of the neural toxins.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る