成果報告書詳細
管理番号20100000000142
タイトル平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A08005a 微生物を用いた選択的な機能性脂質生産法の確立 平成20年度中間
公開日2010/2/26
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人京都大学岸野重信
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約IPTGによる導入タンパク質の誘導を行った各形質転換大腸菌(E. coli Rosetta/pCLA-HY, E. coli Rosetta/pCLA-DH, E. coli Rosetta/pCLA-DC)の洗浄菌体を超音波破砕処理により破砕し、cell-free extracts (CFE)を作成した。それぞれのCFEを超遠心に供して得られた可溶性画分を各種カラムや透析などを用いそれぞれの導入タンパク質(CLA-HY, CLA-DH, CLA-DC)を精製した。得られた3つの精製酵素はFAD、NADH共存下においてリノール酸を共役リノール酸へと変換することを明らかにした。それぞれの精製酵素を用いてその諸性質を解析したところ、CLA-HYは分子量52 kDaのモノマー酵素、補酵素がFADであり、リノール酸を水酸化脂肪酸10R-hydroxy-cis-12-octadecenoic acidへと水和する反応を触媒することを明らかにした。CLA-DHはLactobacillus plantarum由来short-chain dehydrogenase/oxidoreductaseと相同性があり分子量32 kDaのモノマー酵素、補酵素はNAD(P)+であった。また本酵素をNAD+を用いて10-hydroxy-cis-12-octadecenoic acidと反応に供したところ、340 nmの吸収が増加した。CLA-DCはLactobacillus plantarum由来acetoacetate decarboxylaseと相同性があった。
英文要約I purified three enzymes (CLA-HY, CLA-DH, and CLA-DC) involved in linoleic acid isomerization into conjugated linoleic acid from three transformed E. coli (E. coli Rosetta/pCLA-HY, E. coli Rosetta/pCLA-DH, E. coli Rosetta/pCLA-DC). Linoleic acid was transformed to conjugated linoleic acid by co-existence of three purified enzymes, FAD, and NADH. I analyzed purified enzymes and revealed that FAD and NADH were function as a coenzyme of CLA-HY and CLA-DH, respectively. Furthermore, CLA-HY catalyzes linoleic acid to 10R-hydroxy-cis-12-octadecenoic acid. CLA-DH is homologous protein of short-chain dehydrogenase/oxidoredustase and CLA-DC is a homolog protein of acetoacetate decarboxylase.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る