成果報告書詳細
管理番号20100000000144
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07D48001a 共変量情報の高度利用によるネットリサーチのバイアス除去法の開発とマーケティング製品開発への利用 平成20年度最終
公開日2010/2/13
報告書年度2007 - 2008
委託先名国立大学法人名古屋大学星野崇宏
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約昨年度末に実施したデータを解析し、得られた成果を用いて統計ソフトウェアSASを用いた解析パッケージ化を行った。またこれまでの研究結果を(査読付き学術誌)Kei Miyazaki and Takahiro Hoshino (2009)."A Bayesian Semiparametric Item Response Model with Dirichlet Process Priors". Psychometrika. 74. 375-393.星野崇宏 (2010.印刷中) “調査不能がある場合の標本調査におけるセミパラメトリック推定と感度分析:日本人の国民性調査データへの適用”. 統計数理, 第58巻1号(招待論文)星野崇宏(2008). “ネット上の意見表明のバイアスとその補正について”.人工知能学会誌. 第23巻6号 791-797.(著書)星野崇宏(2009)「調査観察データの統計科学:因果推論/選択バイアス/データ融合」岩波書店として刊行した。また日本行動計量学会にて成果を学会発表し、論文を査読付き学術雑誌に投稿した。
英文要約We analyzed the data obtained in the last fiscal year. We created the set of program codes for statistical package SAS.We brought out our findings as the following three papers and a chapter of a book:(Papers)Kei Miyazaki and Takahiro Hoshino (2009)."A Bayesian Semiparametric Item Response Model with Dirichlet Process Priors". Psychometrika. 74. 375-393.Hoshino, T. (2010. in press) “Sempiarametric estimation under Nonresponse in Surey and Sensitivity Analysis: \\Application to the 12th survey of the Japanese National Character”. Proceedings of the Institute of Statistical Mathematics, Vol, 58(1). In Japanese Hoshino, T.(2008). “On selection bias of Web-based opinion research and its adjustment”.人Jinko-chinou-Gakkaishi. Vol.23(6). 791-797. In Japanese(Book)Hoshino,T.(2009)Statistical science for observational data and survey data: Causal inference, selection bias, and data fusion. Tokyo: Iwanami Shoten.)We also submitted two papers to refereed academic journals.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る