成果報告書詳細
管理番号20100000000146
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A21005a 改変型核内受容体を用いた新しい環境リスク評価手法の開発 平成20年度最終
公開日2010/2/19
報告書年度2007 - 2008
委託先名岐阜薬科大学中西剛
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約構築した酵母 two-hybrid 系は、反応スペクトルがレポーターアッセイとほぼ同一であり、擬陽性や擬陰性が発生しにくいものであることが確認された。これを用いて環境サンプルや生体サンプルの評価を試みたが、夾雑物の妨害により、十分な評価を行うことが出来なかった。
英文要約We evaluate the RXR agonist activity of some chemical compounds with structure similar to organotin and environmental pollutant by our high-throughput screening system using yeast two-hybrid system. Accordingly, our constructed system showed similar result to the cell-based reporter assay. Although we tried to evaluate RXR agonist activity of mud from the bottom of the Tokyo Bay using our systems, we could not evaluate agonist activity exactly because of preventing yeast activity by misplaced materials.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る