成果報告書詳細
管理番号20100000000148
タイトル平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A20008a カプセル型分子素材を用いた過塩素酸除去剤の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/24
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人静岡大学近藤満
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約 過塩素酸イオンに加えて、従来は水溶液からの除去が困難であった有害陰イオンである、テトラフルオロホウ酸イオン、ヘキサフルオロホウ酸イオン、トリフルオロメタンスルホン酸を、本カプセル素材を用いて除去可能である事を確認した。また、より低コストな除去剤として、水に不溶な炭酸銅とbitb を別個に水溶液中に添加する除去法を開発した。従来の除去法に対して、合成ステップが少なく、かつ、水溶液が銅イオンにより全く汚染されない、という優れた特徴を有する。しかも、広いpH領域で機能し、硫酸銅とbitbを添加する手法、および高分子錯体を用いた場合と同様の選択性を発現することを確認した。
英文要約 Perchlorate is known as a toxic anion, which interferes growth of children. Nevertheless, it is difficult to decompose, and precipitate from an aqueous solution due to the higher solubility. The aim of this project is the development of new perchlorate removal materials, which are useful for removals of perchlorate from various aqueous media. This project would contribute the developments of industrial technology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る