成果報告書詳細
管理番号20100000000168
タイトル平成20年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A22003a 非金属触媒で制御する超低費用・環境調和型の精密制御リビングラジカル重合の開発 平成20年度中間
公開日2010/2/24
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人京都大学後藤淳
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部 若手研究グラントグループ
和文要約触媒の中心元素種を炭素に拡張し、その優れた官能基耐性を活用して、他元素の触媒では制御が困難であった多彩な機能性モノマーの制御に成功し、豊かなモノマー汎用性を実現した。また、重合開始基を重合中in situで合成する実際的に有用な手法を開発し、本重合の簡便性を著しく向上させた。さらに、最も単純な官能基のひとつである水酸基から直接重合を開始できる新手法を開発し、本重合ならではの用途を拓いた。
英文要約The element of the catalyst was extended to carbon. Due to the good tolerance to functional groups, the carbon catalysts were applicable to a wide variety of functional monomers, achieving high monomer versatility. Besides the development of catalysts, a robust synthetic method of the initiator was developed, dramatically improving the robustness of the polymerization. Moreover, as a new initiation method, the direct initiation from a hydroxy group, one of the most common functional group, was realized, opening up new applications of the polymerization.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る