成果報告書詳細
管理番号20090000000614
タイトル平成18年度-平成20年度成果報告書 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発 次世代技術開発 局所的触媒反応機構解明と長期的触媒特性改善のための研究開発
公開日2010/3/2
報告書年度2006 - 2008
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P05011
部署名燃料電池・水素技術開発部 燃料電池グループ
和文要約本研究では、新規超高感度・超解像振動分光法の性能向上を図るとともに、触媒表面に適用し、局所的な反応機構を解明し、性能改善・劣化機構解明・新規触媒設計のための指針を得ることを第1の目的とした。
[1] 超高感度化・超解像化振動分光法の確立と、それによる局所的触媒反応解析について
[2]種々の触媒設計に基づく触媒の燃料電池触媒としての実際の性能の評価
英文要約In this project, the principal objective is to establish versatile advanced vibrational spectroscopy with single molecule sensitivity and nanometer spatial resolution, and characterize local reaction process on the catalysis to clarify the deterioration mechanism of the catalyses, and to improve long term performance of fuel cells:
(1) To elucidate the local reaction process on the fuel cell catalysis:
(2) Evaluation of catalysis towards prominent improvement in the long term performance of fuel cell:
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る