成果報告書詳細
管理番号20100000000015
タイトル平成19年度-平成20年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業/バイオマス熱利用蒸気ハイブリッドスターリングエンジンの技術開発
公開日2010/3/25
報告書年度2007 - 2008
委託先名株式会社NERC
プロジェクト番号P07015
部署名研究開発推進部 技術革新・基盤技術グループ
和文要約これまでに実用開発されたスターリング・エンジン(SE)は、ガス等の高品位熱源を利用し、高温・高圧で動作するものであった。そこで、森林バイオマス(林地残材)や未利用農業バイオマス、畜産廃棄物由来の固形燃料(未熟堆肥の固形化燃料)等の低品位熱源を利用し、400-600℃の多様な低品位熱源が利用でき、小型で可搬性もあり、並列化による規模拡大も可能な「蒸気ハイブリッドスターリングエンジン」を開発した。
製材所・温室・入浴施設・窯業者・焼却炉等々、無数に存在し、国内外に市場は広大である。今後は、国内市場はもとより、電力が不足している東南アジア諸国の「無電化地域」(大きなバイオマス賦存量を持つ)における小規模分散型バイオマス用コージェネレーションとして熱と電気の生産に役立たせ、輸出産業としての市場創出を図る。
英文要約Stirling engine (SE) that practical use is developed has operated by the high temperature and the high pressure by the use of a high-quality heat source of the gas, etc. Then, the low-quality heat source such as the solid fuels of the forestry biomass (woods surplus material) and an unused agricultural biomass and the stock raising waste origin (fuel of making to solid of the incomplete manure) could be used. to use various low fineness heat sources of 400-600℃, there to be a portability small, and have developed "Stirling the steam hybrid engine" that the scale expansion by making to the parallel is possible.
It exists innumerably, and the market is vast the inside and outside the country like the sawmill, the greenhouse, the bathing facilities, the pottery industry person, and the incinerator, etc. It is useful for the production of heat and electricity as the cogeneration for a small-scale, decentralized biomass in "Region of making to the wireless" (It has big potential of biomass) in Southeast Asian nations where the electric power is insufficient to say nothing of the domestic market, and will aim at the market creation as export-oriented manufacturers in the future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る