成果報告書詳細
管理番号20100000000108
タイトル平成18年度-平成20年度成果報告書 新エネルギー技術フィールドテスト事業 地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業 含水率を制御した木質バイオマス燃料を使用する高効率直接燃焼による熱利用の実証事業
公開日2010/3/25
報告書年度2006 - 2008
委託先名銘建工業株式会社
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー技術開発部 バイオマスグループ
和文要約要 約
 現在、国産杉の集成材原板乾燥は本格的に行われていない。材料のもつ特性(含水率が高い、含水率の分布が一様でない)から乾燥技術が十分に確立されていないのが現状である。
 そこで木質専燃ボイラを設置して,国産杉材の乾燥と工場暖房等の熱利用をはじめとするエネルギーの利用を最大限行った時の運転データの収集,分析を行うことにより,今後の国産材の自給率を高めると共に,国が掲げるバイオマス導入の目標達成のためフィールドテストを行なうのが本事業である。
実証事業の内容、設定目標値、達成状況
1  燃料の前処理、貯蔵設備
(1) 端材の破砕
一軸破砕機を採用,スクリーンの大きさを40Φに設定。破砕処理能力は3,000Kg/hを目標値とした。実際の破砕能力は3,000-3,500Kg/hである。
(2) 生チップ乾燥
乾燥サイロの容量は20立米,乾燥状態を確認するためにサイロ全体の重量が計量できる構造とし,熱源はボイラのエアヒータの加熱空気を利用して生チップの乾燥を行った。
(3) 燃料の貯蔵・自動供給
貯蔵サイロの容量は200立米、約3日分を保有。自動供給方式は受入,排出が空気輸送,サイロからの切出しは底部に可動往復板を取り付けたレシプロ方式とした。
サイロ内でのブリッジ発生もなく燃料の自動供給は良好であった。
2  ボイラの設置、設定目標値
蒸発量は3.0t/hの木質専燃炉筒煙管ボイラ・チェーンストーカ式を採用した。運転時間は24時間連続,運転日数は24日/月、蒸気発生量は1,700t/月を目標値とした。燃料の形状が安定しているため自動供給が良好でボイラの連続24時間連続運転は順調であった。
3  ボイラ運転杉材乾燥量の達成状況
実証期間中のボイラ運転日数の目標値は24日/月。実績値は平成19年度(6-3月)の運転平均日数は25日/月,平成20年度(4月-3月)は20日/月である。
蒸気発生量の目標値は1,700ton/月。実績値は平成19年度の平均が490ton/月,平成20年度は708ton/月である。
上記の蒸気を熱源にして乾燥する国産杉材の目標値は1,500立米/月。実績値は平成19年度が434立米/月,平成20年度が708立米/月となった。
英文要約 Summary
 At present drying of Japanese cedar has not been taken up seriously. Adequate drying techniques have not been developed enough because of the characteristics of the cedar material (the moisture content is high and is not evenly distributed).
The purpose of this project is to promote future installation of Japanese cedar drying facilities, to increase the self-sufficiency rate of Japanese material, and to conduct field tests for biomass transduction that the Japanese government is promoting. The project is carried out through collection, accumulation and analysis of operation data by installing a woody mono-fuel boiler when the energy utilization from dried Japanese cedar material or yard heating is at the fullest level.
 Content of the project, target setting value, and outcome of execution
 1 Preparation of the fuel and stock facility
 (1) Mill ends crushing
Mono-shaft crusher has been adopted. The screen size is 50φ. The target treatment capacity is 3,000kg/h. The capacity of the crusher is 3,000 to 3,500kg/h.
 (2) Raw tip drying
The cubic measure of a dry silo is 20m3. To verify drying conditions, the weight of the whole silo is measured. The heat source is the heating air of the boilder’s air heater.
 (3) Fuel stock and automated supply
The cubic measure of a stock silo is 200m3 for a stock of three days. The automatic feeding type is incoming/outgoing or air transport. Fuel is tapped by a reciprocating movable plate set at the bottom of the silo.
 2 Boiler installation, target setting value
The woody mono-fuel furnace smoke tube boiler chain stalker method with the quantity of 3.0t/h evaporation is installed for easy raking of ashes. The targets are continuous 24 hours for the operation time, 24 days/month for the operation day, and 1,700t/month for the vapor generation.
 3 Performance status of drying amount of the cedar material in boiler operation
The target value of boiler operation day during experimental period was 24 days/month. The actual values were 25 days/month for operation mean date in 2007 (June-March) and 20 days/month in 2008 (April-March).
The target value of evaporation was 1,700t/month. The actual mean was 490t/month in 2007 and 708t/month in 2008. The target value of drying Japanese cedar with a heat source of the evaporation noted above was 1,500m3/month. The actual value as 434 m3/month in 2007 and 708m3/month in 2008.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る