成果報告書詳細
管理番号20090000000183
タイトル*平成20年度中間年報 SBIR技術革新事業/Xバンド高速伝送用アンテナの研究開発
公開日2010/6/2
報告書年度2008 - 2008
委託先名多摩川精機株式会社 国立大学法人信州大学
プロジェクト番号P08015
部署名研究開発推進部 技術革新・基盤技術グループ
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 1-1 緒言 衛星運用におけるリスク回避のため、昨年6 月に宇宙基本法が改正され、衛星の多目的利用が可能になると同時に、世界的に小型衛星開発の気運が広がりを見せている。このような情勢の中で、小型かつ高速なデータ伝送系は今後の画像等の大量データ伝送には必須の技術であり、特に小型の衛星においては、これまで使用されてきた大型の通信系を衛星に搭載するのは厳しくなる方向である。本研究開発では、小型な低価格衛星に短納期で低価格、かつ高速なデータ伝送系を提供することを目的とする。
1-4 結言
本中間報告書では、アンテナ機構部の開発に関する報告を行ったが、次年度は今年度の設計をベースにしてアンテナ機構部の製作を行う。実際に製作するにあた様々な工夫が必要になると思われるが、世界最軽量のアンテナ機構を目指して製作を行っていく。
英文要約SBIR (small business innovation research) innovation business (R&D) /Research and development of an antenna for X band high speed transmission.This report is an annual report intermediate for 2008. (From 2008 to 2009s)
We designed the antenna pointing mechanism for the satellite aiming at lightweight,the cost reduction, and the delivery date shortening. For lightweight solution, we performed deliberation to replace titanium materials with aluminum materials. In addition, we developed a hollow motor, and a cable assumes it structure via the cavity. For delivery date shortening, we standardize the assembling work. An antenna system to design is two axes of X-Y. We develop the hollow actuator in own company, and we use the actuator for antenna pointing mechanism. We study wiring so that there are not revelation and the damage to a cable. In the next fiscal year, we produce the antenna pointing mechanism based on a current design. To produce it, various devices are necessary. We produce it toward the world most lightweight antenna system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る