成果報告書詳細
管理番号20090000001010
タイトル平成20年度成果報告書 地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定等事業
久万高原町地域エネルギービジョン 久万高原の豊かな環境とエネルギーの調和-エネルギーの地産地消と省エネルギーの実践-
公開日2010/6/2
報告書年度2008 - 2008
委託先名愛媛県久万高原町
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部 普及・啓発グループ
和文要約和文要約等以下本編抜粋:2.ビジョン策定の目的
本町は、緑あふれる森林や仁淀川水系が生む水辺環境とともに、美しく深い自然に恵まれ、都市との交流地域、近郊農村地帯、周辺住宅地としての自然的・地理的特性を有しています。また、仁淀川下流の人々との活発な交流を通し、水源の町としての自覚を育むと同時に、自然環境の保全が求められています。
本町は県内で最大の面積を有していますが、その内の約90%を山林が占めており、林業が町の基幹産業となっています。今後、町は短中期的に、省エネルギーについて既存の公共施設で先導的な取り組みや行動計画の策定を行い実践することにより、事業者・住民を巻き込んだ全町的な取り組みに発展させるとともに、中長期的には木質系のバイオマスを中心に太陽光、風力などの新エネルギーの導入を積極的に検討することとします。
そのため、久万高原町地域エネルギービジョンにより、地域の新エネルギー賦存量の把握や利用可能性などの基礎データの収集、地域全般の省エネルギー可能性量を幅広く調査し、現在採用されているエネルギー使用機器・システム等について代替することによる省エネルギー効果の検討を行います。
また、特に各家庭での取り組みを重点的に進めるため、婦人会等の活動などを通して地域での取り組み、省エネルギーの効果を「見える化」することで省エネルギーの実践を促進するとともに、地域資源の活用によるエネルギーの地産地消と資源循環型社会の構築、次世代を担う子どもへの環境学習・教育、二酸化炭素排出量取引に関わる民間企業との連携など、あらゆる分野での取り組みの可能性を探り、全国に向けて情報発信できる取り組みを目指すために地域エネルギービジョンを策定するものです。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る