成果報告書詳細
管理番号20090000001153
タイトル平成20年度成果報告書 上板町地域新エネルギー・省エネルギービジョン 廃食油の燃料利用に係わる可能性・導入調査【報告書】
公開日2010/6/5
報告書年度2008 - 2008
委託先名徳島県上板町
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部 普及・啓発グループ
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1 重点テーマに係る詳細ビジョン策定調査の目的と背景 1.1 事業目的 上板町では、昨年度に地域新エネルギービジョンの策定を行っており、その中の“創エネルギープロジェクト”の一つとして「かみいた菜の花プロジェクト」をあげています。 このプロジェクトは、(1)廃食油回収システムを構築して、(2)バイオディーゼル燃料(Bio-Diesel Fuel;BDF)の製造、利用を推進することでエネルギーの地産地消化を図ると同時に、(3)菜の花栽培を促進することで、耕作放棄地の有効利用、景観の保護、地域の活性化を図ろうとするものです。 BDFについては、昨年BDFを混合した軽油の規格が改正されたことを受け、BDFの製造手法についても今まさに見直しが行われているところであり、BDF製造装置の選定、導入にあたっては、各社の仕様・性能を規格に整合させる必要があります。
本事業は、「かみいた菜の花プロジェクト」の展開にあたり、本町の特長を生かしたシステム作りを行うと同時に、機器導入の可能性を明らかにするために取り組むものです。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る