成果報告書詳細
管理番号20090000001228
タイトル*平成20年度中間年報 新エネルギーベンチャー技術革新事業/精製バイオガスの高効率輸送と導管供給に向けた技術開発
公開日2010/6/12
報告書年度2008 - 2008
委託先名合同会社バイオガス・ネット・ジャパン
プロジェクト番号P07015
部署名研究開発推進部 技術革新・基盤技術グループ
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 (1)事業概要 バイオマス資源のメタン発酵によって発生したバイオガスの利用の促進は、脱化石燃料社会の実現、地球温暖化の防止、循環型社会の形成に寄与し、多くのメリットがある。しかし、現在のメタン発酵処理場では、発生したメタンの30%しか利用されていない。この原因は、メタン吸蔵、運搬関連技術の開発の遅れにあるとされており、効率的かつコスト競争力のあるメタン貯蔵、輸送システムの開発は緊急な課題となっている。当社は、山鹿都市ガス(株)、合同会社バイオガス・ネット・ジャパンの異業種連携により本事業を実施し、精製バイオガスの回収、供給事業の普及を目指し、高効率なメタン吸蔵、輸送方法などの開発を目的とする。
英文要約Title: Development a highly efficient transportation and pipeline supply technology of purified methane from biogas
As an alternative fuel, biogas production is a promising means of achieving multiple environmental benefits. Replacing fossil fuels with biogas normally reduces the emission not only of greenhouse gases, but also of nitrogen oxides, hydrocarbons and suspension particles.
It also increases the domestic primary energy supply. However, the rate of biogas utilization is less than 30% of the total biogas production in Japan.
The main reason for this is the delay in the development of an effective methane gas storage and transportation technology. In this work, we try to develop an effective adsorption storage technology for purified methane from biogas with the purpose of the efficient use of biogas.
So, we report here, 1) Technical issues, which have a highly efficient transportation of biogas, 2) Economical issues, 3) marketing issues, and so on.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る