成果報告書詳細
管理番号20100000000233
タイトル平成20年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 熱電併給所高効率ガスタービンコジェネレーションモデル事業(ウズベキスタン)実施可能性調査
公開日2010/6/12
報告書年度2008 - 2008
委託先名東北電力株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約1.調査目的: 本調査は、平成19年度にNEDO技術開発機構が実施した基礎調査の結果を受け、タシケント熱電併給所へのガスタービンコジェネレーションシステム(以下「GTCS」という。)技術導入による省エネルギー効果等の実証および当該技術の普及促進を図るモデル事業の実施判断に必要な情報の収集・分析を行ったものである。     2.調査概要: 本調査では、同熱電併給所の既存設備状況、同国の環境規制および法制度等を調査し、GTCS設備の基本システム設計を実施した。また、事業実施に向けて、両国の役割分担、費用削減、スケジュール短縮等の具体的事項について、ウズベキスタンの関係箇所と協議を行った。      3.現地調査: 第1回調査(2008年8月5日-13日);第2回調査(2008年9月16日-24日);第3回調査(2008年11月11日-19日);第4回調査(2009年1月27日-2月7日)     4.成果: (1)省エネルギー効果、環境改善効果:本調査では、発電出力27MW、熱出力42MWのGTCSを選定し、GTCSで発生する蒸気は既設2.9MPa蒸気ヘッダーへ供給する計画とした。これによって高い熱効率で電力の増産が可能であり、効率の低い既設火力発電所を焚き減らすことにより、同国全体で化石燃料消費量を削減できる。燃料削減による省エネルギー効果は959TJ/年、温室効果ガス削減効果は49,000t-CO2/年となる。 (2)詳細実施計画の作成:モデル事業の詳細実施計画を作成し、カウンターパートナーとの間で基本的に支障がないことを確認した。ただし、GTCSを導入するために十分な燃料ガス供給圧力が担保されていないなどの諸リスクへの対応が必要である。 (3)普及可能性の評価:同国内3箇所の熱電併給所の熱需要から試算すれば、計11台のGTCS普及が見込まれる。同国内にGTCSを普及する場合の経済性評価の結果、次の2つの条件を前提とすれば事業性を確保できると考えられる。1)モデル事業を通じたノウハウ蓄積や諸税免除等による初期投資額の低減。2)売電価格への優遇措置付与。:なお、削減した燃料を同国の方針に基づき輸出に回せば、同国は非常に大きなメリットを得ることができる。 (4)CDMに関する考察:既存ベースライン方法論AM0048が適用できる可能性がある。ただし方法論の改定や追加性の立証が課題。AM0048に基づきプロジェクト設計書の素案を作成した。
英文要約1. Purpose of the investigation: This investigation is based on the basic research carried out by NEDO in FY 2007 for implementing a model project. we gathered and analyzed information and data for the model project under which our gas turbine cogeneration system (hereafter called, GTCS) is to be installed into Tashkent Heat and Power Plant (hereafter called, TashTETS) so as to verify its energy conservation effect and to disseminate this technology. 2. Investigation Outline: We investigated existing equipment status in TashTETS, examined Uzbekistan’s environmental regulation, legal system and others, and designed a basic system of GTCS. We also had sessions with those concerned in Uzbekistan for implementing the model project regarding the work sharing, cost reduction, tightening the schedule and so on. 3. Field Survey: The First investigation (From Aug. 5th and 13th in 2008);The Second investigation (From Sep. 16th and 24th in 2008);The Third investigation (From Nov. 11th and 19th in 2008);The Fourth investigation (From Jan. 27th and Feb. 7th in 2009) 4. Findings of the investigation: (1) Effects of conserving energy and improving the environment: We chose a GTCS with 27MW of power output and 42MW of heat output, and expected the GTCS to provide steam to the existing 2.9MPa steam header. This can boost power generation with high thermal efficiency and then reduce the need to operate the current low-efficient thermal power plants in the country. As a result, Uzbekistan will see a reduction in fossil fuel consumption. This reduction can produce energy conservation effects of 959TJ/year and greenhouse gas reduction effects of 49,000t-CO2 /year. (2) Preparation for detailed implementation plan: We drew up a plan for the model project in detail and verified this plan wouldn’t pose major obstacles for our counter partners. Some measures should be taken, however, to cope with some risk factors for installing GTCS such that gas supply pressure should be fully guaranteed in TashTETS. (3) Evaluation of possibilities for the dissemination: Judging from heat demand for the three cogeneration plants in Uzbekistan, 11 GTCSs in total can be installed in the country. After evaluating the economic feasibility of installing the GTCS there, securing the feasibility is based on the two following conditions: 1) acquiring know-how through the model project and securing some reduction and exemption from taxes on initial investment, 2) Obtaining preferential treatment to power sale prices. Incidentally, if the Uzbekistan exports fuel to be saved by installing the GTCS according to the country’s policy, it will acquire substantial gains by the export. (4) Observation about CDM: There is a possibility that the baseline methodology AM0048 is applicable. Difficulties that come with applying the methodology are about revision of the methodology and verification of additionality. Based on the AM0048, we have drawn up a draft for the project design document.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る