成果報告書詳細
管理番号20100000000262
タイトル平成21年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業(モデル事業) 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 セメント工場におけるバイオマス及び廃棄物の有効利用モデル事業(インドネシア)実施可能性調査
公開日2010/9/9
報告書年度2009 - 2009
委託先名太平洋エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約件名:平成21年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業「セメント工場におけるバイオマス及び廃棄物の有効利用モデル事業(インドネシア)実施可能性調査」
インドネシアの経済成長率はASEAN全体と略同じ傾向を示している。2007年は、経済危機以降最高の6.3%を記録した。2008年第3 四半期までは6%台の経済成長を維持したが、欧米の経済危機による輸出の伸び悩み、国際金融危機の影響から、同年第4四半期には5.2%に減速した。しかし2008年通年では6.36%となり回復基調にある。インドネシアのセメント産業は同国経済の成長に支えられセメントの消費は過去26年間平均9.5%の伸び率を維持してきた。現在も長期的には漸増の傾向が続いており、今後もこの状況が維持されるものと予測されている。このような背景のセメント産業は製造コストの40%をエネルギーコストが占めるエネルギー多消費産業であるので省エネルギーは常に最重要課題として実施すると共に、化石燃料の代替としてバイオマス及び産業廃棄物の使用を推進する必要がある。本調査では、我国の有するバイオマスその他の産業廃棄物をセメント製造の代替燃料として有効利用する技術を使用してセメント工場の省(代)エネルギー及び温室効果ガス排出削減を実現し、それによりCDMを推進するためのモデル事業の実施可能性を対象工場であるPT Semen Baturaja社Baturaja工場、PT Semen Gresik社Tuban工場及びPT Semen Tonasa社Tonasa工場について精査した。その結果Baturaja工場でより有利な代エネルギーが得られ、それに伴いCO2排出が削減される事が判明しモデル事業の可能性が認められると共に、本事業の普及性に明るい見通しが得られた。プロジェクトの内容はバイオマスとしてパームオイル製造廃棄物のEFB及びShell、又産業廃棄物としてOil Sludge等を代替燃料として使用し、これらをセメントキルンに投入するための粉砕、輸送設備、更に代替燃料を円滑に燃焼させるための塩素バイパス設備を設置することにより代エネルギー及びCO2排出削減を実現するものである。ベースラインとしては現状の石炭の使用が継続されるシナリオを選択した。この結果原油換算で年間25,532toeの代エネルギーが可能となり、又年間41,207t-CO2のCO2排出が削減される。本プロジェクトに要する総資金は12.5億円であり、収益性として単純投資回収年12.7年が得られる。又費用対効果はプロジェクト期間で代エネ効果20.426toe/y・百万円及びCO2排出削減効果32.97t-CO2/y・百万円が得られる。対象技術のインドネシア国内での普及は期待され、同国内のEFB使用可能な工場全部がBaturaja工場と同種のバイオマス及び産業廃棄物を代替燃料として使用するとすれば、年間原油換算212,500toeの代エネルギーと343,910t-CO2のCO2排出削減効果が得られる。普及の場合は各設備の現地調達及び製作品を増加する事により所要資金は普及時に10.97億円に減少し、収益性は単純投資回収年10.9年に短縮される。インドネシアのCDM体制は国家CDM委員会の下充実した体制が設立されている。 又同国は京都議定書の締結国であり設備供与及び技術移転というメリットを有するモデルプロジェクトに関心を示すと共に実施に向けた体制も整っている。 本プロジェクトが実施され、その効果が認められれば近い将来インドネシア国内でバイオマス及び産業廃棄物の代替燃料としての使用及びその設備が普及するものと考えられる。 以上の観点からインドネシア国で本モデル事業を実施する可能性は充分に認められると言える。
英文要約Title : Model Projects for Increasing the Efficient Use of Energy
Feasibility Study on Model Project for Alternative Fuel Combustion in Cement Industry
Indonesia's economic growth rate shows the same trend with ASEAN countries. In 2007 it recorded the highest of 6.3% after the economic crisis. Though it kept 6% until 3rd quarter of 2008, it fell to 5.2% at 4th quarter due to export slowdown caused by economic and monetary crisis of the west. But it restored to 6.36% in 2008. Supported by economic growth, the cement demand in Indonesia has kept growth of 9.5%/y for past 26 years. This trend is continuing with the similar demand. Under such circumstances, the cement industries, energy intensive industry, have to execute the energy saving using cheap alternative fuels. This study examines the feasibility of the project in which the GHG emissions reduction by use of biomass and wastes is realized with Japanese technology. As targeted plants, Baturaja plant of PTSB, Tuban plant of PTSG and Tonasa plant of PTST were selected. After investigation, it is observed that at Baturaja plant better alternative energy effect is obtained with much reduction of GHG emissions. Thus feasibility of the project and its dissemination are ascertained. The project is outlined that as biomass EFB and shell and as waste oil sludge are used as alternative fuel and the equipment which feed these materials into cement kiln such as crushing, conveying equipment and further equipment such as chlorine bypass, which supports smooth kiln operation and thus the use of alternative energy and GHG emissions reduction are realized. As baseline, the scenario in which current fuel of coal is used is selected. As a result, alternative energy effect of 25,532toe/y and 41,207 t-CO2/y of GHG emissions reduction are realized. Total capital is 1.25 billion yen. As profitability, simple pay back of 12.7 year is expected. As for cost versus effect, alternative energy effect of 20.426toe/y*million yen and GHG emissions reduction effect of 32.97 t-CO2/y*million yen are obtained. The dissemination of technology in Indonesia is expected. In case all of cement plants where EFB is available use the same type of biomass and waste as Baturaja plant, the alternative energy effect of 212,500 toe/y and GHG emissions reduction of 343,910 t-CO2/y are expected. In dissemination, the local equipment and parts are increased, reducing total capital 1.097 billion yen. and the profitability becomes better with simple pay back of 10.9 year. In Indonesia, complete CDM organization is established under National CDM Commission. Indonesia concluded the Kyoto Protocol and is keenly interested in the model project. Further the organization for its execution has been established. In case this model project is realized and its effect is recognized, in near future the cement plants will use biomass and waste as alternative fuel and install the equipment for that purpose. Judging from the matters mentioned above the possibility to implement this model project in Indonesia can be fully recognized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る