成果報告書詳細
管理番号20100000000266
タイトル平成20年度-平成21年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業(モデル事業) 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 下水処理場における汚泥等混焼発電及び曝気動力低減モデル事業(中国)実施可能性調査
公開日2010/9/30
報告書年度2008 - 2009
委託先名日揮株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名新エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約中国は、いまや日本に比肩するGDPに到達するなど著しい経済成長を続けている。反面、環境・省エネルギーなどに関しては改善の余地があると考えられ、日中ハイレベル対話など政府レベルにおいても、日本の先進的な省エネルギー・環境技術の中国への適用が話題とされている。:第十一次五カ年計画(2006年-2010年)を筆頭とした法規制・通知などでも、循環経済・環境友好型の社会形成を目指した様々な政策が打ち出されている。本提案技術は、第十一次五カ年計画にある下水処理普及目標に着目し、これと同時に課題となると考えられる下水汚泥対策を中心とした、農業系バイオマス・都市ごみとの統合処理・有効利用(汚泥等混焼発電)方策である。また、下水処理場の増加に伴う電力消費を低減させるために曝気動力の低減を提案した。特に汚泥等混焼発電のような再生可能エネルギー利用は、電力販売料金助成が付与されているなど、本提案は現地政府の方針に即した方策であることが確認された。:実施可能性調査では、モデル事業実施に適したサイトを選定する目的で、安徽省蕪湖市、重慶市万州区、山東省済寧市の3カ所について、提案事業に関するニーズ、適用可能性、などの評価を行った。結果、モデル事業実施候補として安徽省蕪湖市を選定し、モデル事業の事業計画を立案した。:事業計画策定では、安徽省蕪湖市の下水汚泥・農業系バイオマス(稲わら)・都市ごみの性状分析結果に基づき燃焼計算を行い、設備規模を決定するとともに、事業実施により得られる代替エネルギー効果等を評価した。また、日中双方の役割分担を協議し、その結果に基づく事業費用の積算、工程表作成、事業採算性評価などを行った。事業費用は、総額約25.6億円、日本側負担20億円、中国側負担5.6億円である。今後、日中双方の役割分担などに関するより詳細な条件の協議・確定を経ることで、本提案事業に関するリスクを最小化して開始することが可能と考えられる。なお、曝気動力低減に関しては、現地下水処理場の運転データ精査や下水試料の採取・分析・予備試験などを実施し、省エネルギー効果の定量的評価を進めたが、提案した方策では省エネルギーを確実に達成する見込みが得られなかったことから、事業計画からは除外した。:普及段階においては、(短期)日本側が継続的・部分的に参画して汚泥処理・発電事業を展開、(中長期)現地法人化して事業展開、の2段階に区分して普及を図る方針をたて、事業費用、事業採算性などの評価を行った。普及のポイントとしては、技術移転を円滑に進め設備費用を低減すること、バイオマス収集・技術の認知など日本側にとって不確定な側面についてモデル事業を通じて得られる知見をふまえて対策を講じること、などが挙げられる。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy, Feasibility Study on Model Project of Power Generation by Combustion of Sewage Sludge Mixture and Aeration Power Reduction in China (FY2008-FY2009) Final Report
China has continuously been achieving significant economic growth. Meanwhile, China is engaged in promoting to create a recycling economy and environment-friendly society by legal regulations and notices, such as the National 11th Five-year Development Program, and comes up with various policies and measures. The proposed model project focuses on the National 11th Five-year Development Program target of the sewage treatment popularization, and concentrates on the sewage sludge countermeasures, in which comprehensive treatment and utilization (power generation by sewage sludge mixture) with agricultural biomass and municipal solid waste are considered. In particular, the renewable energy production by means of the combustion of sewage sludge mixture has been confirmed to be consistent with the governmental policy, for example, by a fact that a certain subsidy is given to the power selling charge. For the purpose of selecting the suitable site for the model project, three candidate cities, i.e., Jining City of Shandong Province, Wanzhou District of Chongqing City, and Wuhu City of Anhui Province, are investigated. Through the investigation on related marketing needs, possible application of the proposed program for each city, etc., Wuhu City is selected as the most suitable site for the implementation of the model project, and a project plan is further considered. Based on combustion calculation, determination of facility scale, analysis of the sewage sludge, agricultural biomass (mainly rice straw), and municipal solid waste, assessment of fossil fuel reduction due to the program implementation is carried out. Project cost calculation, schedule drawing, and profitability assessment are conducted resulting in the total project cost is estimated 2.56 Billion Yen. The proposed model project is considered feasible once the detailed conditions on the role-sharing are to be negotiated and decided in the near future, in the way that the corresponding risks are minimized. Incidentally, it is noted that quantitative assessments on the aeration power reduction indicated that the anticipated energy saving could not be firmly achieved. As a business diffusion strategy, a two-stage approach are developed, i.e., a short-term plan where the Japan side will continue to participate in the project development of the sludge treatment and power generation, and a mid-and-long-term plan where a locally-incorporated company is to be established for more business promotion in the future. It is considered that the important points lay on decrease of the project cost due to smooth technology transfer, countermeasures based on knowledge of biomass collection, which is one of the essential factors and uncontrollable for Japan side, and acknowledgment in concept and technique by China through implementing this model project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る