成果報告書詳細
管理番号20100000001026
タイトル平成21年度成果報告書 「国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 環境対応型高効率アーク炉モデル事業(タイ)実施可能性調査」
公開日2010/9/9
報告書年度2009 - 2009
委託先名スチールプランテック株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー技術開発部 国際事業調整グループ
和文要約タイ鉄鋼業の鋼材需要は、アジア金融危機以後急速に回復して危機前のピークを上回り、2005年には1,390万トンに達した。この市場の拡大ぶりは他のASEAN諸国と比べても顕著である。タイにおける鉄鋼業は最大のエネルギー消費産業であり、高炉が存在しないタイにおいて、アーク炉製鋼工程は製鉄所で使用するエネルギーの大半を消費する。今回の「環境対応型高効率アーク炉モデル事業(タイ)実施可能性調査」は、NEDOより委託を受けたスチールプランテックが、タイ政府機関の協力により同国のサイト候補企業において、同モデル事業成立の可能性を調査したもので、省エネルギー効果並びに温室効果ガス削減効果と共に、将来の我が国のCDMプロジェクト化を目指している。「環境対応型高効率アーク炉」とは、アーク炉溶解室内にて原料を溶解・昇温・精錬処理する際に発生する高温の排ガスを、炉本体と直結した原料予熱槽へ導入することによりスクラップを予熱して大幅な省エネルギーを図るとともに、追加エネルギー無しで排ガス中のダイオキシンなどの有害物質を抑制する画期的な環境対応型の省エネ技術である。本技術は、炉および予熱装置部分は旧NKK(現JFEエンジニアリング)の製鉄プラントエンジニアリング部門(現スチールプランテック)にて開発され、排ガス処理部分は平成11年度のNEDO開発事業;「製鋼工程におけるダイオキシン類排出削減技術」によるものである。現在、国内2社、3製造所にて商業生産設備として稼動中であり、うち1社、2製造所では、それぞれ平成17年度、平成18年度において“エネルギー使用合理化事業者支援事業”を利用して同技術を製造設備へ適用した。2009年7月、日本側のNEDOとタイ側の工業省とが協議を実施し、当該モデル事業FSの実施が合意された。FS実施サイトとして候補に上がった3企業の調査を実施した結果、UMC Metalsが選定された。同社はタイを代表するアーク炉製鋼メーカーのひとつであり、交流タイプの70tアーク炉、レードルファーネス及び連続鋳造設備をそれぞれ1基ずつ保有する。当該モデル事業FSではサイト候補企業の既存設備の調査および導入設備の仕様概略を検討し、導入による省エネルギー量、温室効果ガス削減量、当該設備費用、投資回収性、両国の負担規模、及びタイ各種施策や問題点・普及可能性、サイト候補企業の経営状況・資金負担可能性・CDM化への協力可能性の考え方等を明らかにした。調査の結果、当該モデル事業の電力消費量低減による省エネ・代エネ効果は、事業化前の29%削減が見込まれた。温室効果ガス排出に関しては28%削減という効果が見込まれた。またその他に排ガス中のダイオキシン発生量及びダスト発生量低減、工場内環境及び電源品質の改善、炉周りの保全作業低減、スクラップの安定確保、電極原単位及び酸素原単位の低減、生産性向上などの効果が期待できる。普及可能性については、タイ国内のアーク炉製鋼メーカー17社(28基)の全てが有望な普及対象である。モデル事業と規模が同程度の7社で試算すると、当該技術の普及による省エネ・代エネ効果及び温室効果ガス削減効果はそれぞれ4,556TJ/y、202,029t-CO2/y が見込まれ、タイの省エネルギー並びに環境改善への寄与度は高い。さらに、モデル事業の実績をもとに設備仕様の簡素化・見直し、およびタイ国内並びに近隣諸国も含めた現地調達などでコストダウンを図ることにより、普及を促進することが可能であろう。
英文要約Steel industry is the largest energy consumer in Thailand. EAF consumes most of the energy in the steel industry. EAF energy saving has been considered as important by Iron and Steel Institute of Thailand. High temperature exhaust gas generated in EAF is wasted without energy recovery in Thailand. The epoch-making technology developed by JP Steelplantech is the largest energy recovery and environmentally conscious technology in EAF steel making. The preheat chamber is directly connected to EAF body and scrap are preheated by the generated gas. Also, harmful chemicals generation are to be avoided with little amount of extra fuel. This technology is under commercial operation in 3 works. On July 2009, NEDO and Thailand Ministry of Industry held a meeting to approve the Feasibility Study (FS) of this technology. UMC Metals has been selected for FS through site survey from three candidate companies. UMC Metals is a steel mill in Thailand that has one 70 ton EAF, Ladle Furnace and Continuous Caster. This FS includes followings. Existing facilities of the nominated company were investigated and at the same time outline of the target energy saving facility was studied. By comparing the two, energy saving, GHG emission reduction, equipment cost, investment return-ability where achieved. Also, through investigation of Thailand steel industry and nominated company, fund bearing ration between Japan and Thailand, issues of Thailand government industrial and environmental policies, possibility of promotion of the concerned technology, business situation of the nominated company, possibility of fund bearing of the nominated company, cooperation to set this case as CDM package and etc. has been clarified. It has been demonstrated that 29% of power consumption can be reduced compared to existing. 28% of GHG reduction will be achieved. And environmental impact improvement are realized as well as operational merits such as electrode consumption improvement, oxygen consumption reduction. Dissemination possibility of the concerned technology can be said promising for all of 17 steel mills (28 EAFs) in Thailand. This technology can contribute to decrease CO2 emission which is world wide issue nowadays. Energy saving and GHG emission reduction by this technology at 7 companies which have same capacity with model project is estimated to be 4,556TJ/y and 202,029t-CO2/y. Its contribution to the Thailand economy is huge through power saving and environment improvement. Additionally, after achieving the actual result of the Model Project, through simplification and review of the facility specification and through various cost reduction such as apply more local procurement at Thailand or adjacent countries, we can conclude that the promotion can be accelerated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る