成果報告書詳細
管理番号20100000001132
タイトル平成21年度成果報告書 省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水資源管理技術研究開発 水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究  中国唐山市の工業地域での水循環システム事業実施可能性調査(フェーズ1)
公開日2010/9/9
報告書年度2009 - 2009
委託先名双日株式会社
プロジェクト番号P09011
部署名環境技術開発部
和文要約1.委託期間、目的及び実施体制
<簡易F/S>
  *期間:2009年6月3日から2009年9月30日まで
  *目的:新規大型の工業区を建設中の唐山市曹妃甸を対象地域として、日本の要素技術で
    ある水処理膜(MBR+NFまたはRO)を用いた循環型排水処理事業モデルに関して、
    以下の調査検討を行った。
    1.候補地の選定
    2.簡易設計
    3.概算および事業性分析
    4.現地との仮合意
  *体制:双日株式会社及び再委託先として旭化成ケミカルズ株式会社(MBR)及び日東電工
    株式会社(NF/RO)。協力企業として東洋エンジニアリング株式会社及び北京桑徳環保
    工程公司
<追加調査>
  *期間:2009年10月1日から2009年12月28日まで
  *目的:本事業モデルの深堀を目的とし、最新の市場動向調査、具体的な普及のための方策
    や日本企業としての市場参入のための課題等の調査。
  *体制:双日株式会社
2.調査結果
<本モデルの市場性>
  水資源不足や汚染が深刻な中国では、排水基準の強化、節水促進や中水再利用に関する
  施策が進む中で、排水の70%を再生水として回収し、工業用水として再利用できる本事業
  モデルは中長期的にも中国に適した普及モデルである事が確認された。また今後水処理膜の
  普及やコンセッション(BOT/BOO等)方式による市場拡大も着実なものとされている。
<候補地の選定>
  唐山市曹妃甸の汚水処理計画のうち、以下の4件を対象とし検討を行い、スケジュール等を
  勘案し、1)の候補地を本事業の実施場所として選定した。
  1)曹妃甸工業区装備製造区汚水処理場 5万m3/日
  2)曹妃甸工業区南区汚水処理場 5万m3/日
  3)曹妃甸工業区北区汚水処理場 4万m3/日
  4)曹妃甸国際生態城汚水処理場 2-3万m3/日
<経済性及び普及性>
  簡易F/Sの結果、本事業による再生水のコストは2.3元-3元/m3となる見込み。
  曹妃甸での工業用水価格は約6元/m3であり、また中国北部や内陸部の大都市では工業
  用水価格が3元/m3-6元/m3の地域が多く、本モデルは経済性を伴う事業として普及性が
  高い事が確認された。
<現地との仮合意>
  唐山曹妃甸工業区管理委員会と協議書を締結し、本事業の実施(運営)に際しては、日中
  合弁方式で行う事が基本合意されている。
<省エネルギーの達成>
  従来法の水処理システムの電力消費は1.5kwh/m3とし、この30%以上、即ち0.45kwh/m3
  以上は膜(MBR+NF/RO)の技術革新により省エネを達成予定。更には余剰汚泥の消化
  メタンによる省エネ効果も期待できる。
英文要約1.Period, purpose and related parties
< F/S >
*Period: From June 3, 2009 to September 30, 2009
*Purpose: To make a survey about waste water treatment and recyling model based on Japanese key membrane technology (MBR+NF or RO) at Tangshan Caofeidian where a large industrial zone has been constructing. The survey points are shown below.
1.Selection of candidate site
2.Preliminary design
3.Rough estimate and economics analysis
4.Preliminary agreement with the local partner
*Related parties: Sojitz Corp., Asahi Kasei Chemicals Co. Ltd. (MBR) and Nitto Denko Co. Ltd. with support of Toyo Engineering Co., Ltd. and Beijing Sound Corp.
< additional research >
*Period: From October 1, 2009 to December 28, 2009
*Purpose: To make a research about updating market information, method for further development and possibility or issues for Japanese companies to go-to Chinese market with this business model.
*Related parties: Sojitz Corp.
2.Result of the survey
< Marketability of this model >
Chinese government is implementing it's measures to make more strict of regulation of the
waste water effluent, save water and re-use treated water againt serious issues about shortage
or poution of water in China. Under such circumstances, this model to recover 70% of waste
water and re-use for industrial use is confirmed as a typical model to contribute and prevail in
China for long term. On the otherhand, the needs of the membrane and the concession model (BOT BOO etc) will grow stably in China.
< Selection of candidate site >
We reviewed following 4 candidate sites at Tangshan Caofeidian then selected 1) project below.
1)Caofeidian Industrial Zone Equipment manufacturing district 50,000m3/day
2)Caofeidian Industrial Zone South discrict 50,000m3/day
3)Caofeidian Industrial Zone North discrict 40,000m3/day
4)Caofeidian International town 20-30,000m3/day
< economic feasibility and spread >
As a result of preliminary F/S, the cost of the recovered water by this model will be RMB2.3 -
3/m3. The price of water for industrial use in Caofeidian is about RMB6/m3, and there are a lot
of large cities with water price RMB3-6/m3 in Chinese north area and inland area. Therefore
this model can develop in China with eough economic feasibility.
< Preliminary agreement with the local partner >
We reached preliminary agreement woth the committee of Tangshan Caofeidian Industrial Zone
to implement this project as a joint venture between Japan and China.
< Energy Saving >
Power consumption of current water treatment system is estimated as 1.5kwh/m3 then we can achieve 30% or more of power saving i.e. 0.45kwh/m3 with technical renovation of membrane(MBR+NF/RO) 0.45kwh/m3. Further energy saving is expected to utilize methane gas from digestion of sludge.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る