成果報告書詳細
管理番号20100000001265
タイトル*平成21年度中間年報 新エネルギー技術研究開発 バイオマスエネルギー等高効率転換技術開発(先導技術開発) バイオポリオレフィン等のバイオマス由来度の測定・試験方法の研究開発
公開日2010/9/9
報告書年度2009 - 2009
委託先名産業技術総合研究所
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 (1)はじめに バイオマス由来のポリオレフィンであるバイオポリプロピレンのセルロース系バイオエタノールからの実証生産が検討されている。1)このバイオマス由来のポリプロピレンは、現在市場に出回っている石油系ポリプロピレンとは、物理化学的性質の違いを利用して区別することができない。そこで、バイオマス由来炭素のみに含まれる放射性炭素14同位体の濃度を測定し、バイオマス炭素含有率を求める方法を開発する。特にポリプロピレン製品(複合体、添加材混合体等)を測定対象とする方法をISO国際標準規格化を視野に入れて、開発していく。
英文要約Title: Development of Preparatory Basic Bioenergy Technologies : Accelerated Technology Development for Biofuel : R&D of Method to Measure Biomass Carbon Ratio of Biopolyolefin
For our economy to become more biomass-oriented, technologies to convert and utilize biopolyolefins, synthetic resins derived from biomass, are being developed. For these biopolyolefin to be disseminated, it is necessary to develop a measuring method that can distinguish biopolyolefin from petroleum resins. Because the physical properties such as molecular weight, mechanical and thermal properties, of polyolefin derived from petroleum are the same as those derived from biomass, a new method to measure the biomass carbon ratio of polyolefin will be developed using radiocarbon C-14 in order to distinguish these polyolefins. C-14 ratios of resources of ordinary polyolefin and biopolyolefin were measured by an accelerator mass spectrometry. C-14 ratios of the composites consisting of polyolefins or biopolyolefins and fillers were also measured. The evaluation method of biomass carbon ratio of the above materials was investigated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る