成果報告書詳細
管理番号20100000001317
タイトル平成21年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業「都市ビルへの高効率ヒートポンプ技術適用モデル事業(インド)実施可能性調査」
公開日2010/9/9
報告書年度2009 - 2009
委託先名東電設計株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー技術開発部
和文要約1.実施サイトの基本事項:日本が民生ビルの省エネルギー対策として推進しているヒートポンプ等利用高効率空調システムや給湯方式等をインドの民生ビルに導入し、その効果を定量的に把握してその有効性を実証し、インドでの今後の新設ビルや、設備更新を迎えるビルへ省エネルギー指針の展開を目的としている。実施サイトは、7つの候補ビルから政府系のホテル(客室数247、契約電力2,326kW)を、モデル事業の条件を満足するとして選定した。2.モデル事業実施計画の具体化:このホテルの空調設備及び給湯設備を対象として省エネルギー対策を計画し、一次エネルギー消費基準(NEDO)で対象設備毎の省エネ量と省エネ率は次の通りである。{省エネルギー対策, 節約量[GJ/a], 省エネ率[%]}、{氷蓄熱併用高効率冷凍機の導入、10,980[GJ/a]、48[%]}{冷却水ポンプ容量適正化、3,557[GJ/a]、36[%]}{冷水ポンプ容量適正化と変流量制御、7,479[GJ/a]、84[%]}{空気熱源ヒートポンプ暖房の導入、2,479[GJ/a]、85[%]}{ビルマルチ(VRF)個別空調の導入、167[GJ/a]、33[%]}{自然冷媒ヒートポンプ給湯器の導入、1,248[GJ/a]、41[%]}{施設全体のエネルギー消費への効果、25,910[GJ/a]、32[%]}これらの省エネシステムの適正な運転とエネルギー消費管理のためにBEMSを導入する。この省エネ効果の主な要因は、1)設備容量の適正化、2)部分負荷特性に優れる高効率冷凍機の導入である。この省エネ効果による温室効果ガス排出削減量は、CO2基準で1,894[t-CO2/年]であり、石油換算約619[toe/年]の削減である。3.対象技術の普及可能性調査:インドの経済成長を鑑みると、現在の慢性的な電力不足は深刻な問題であり、省エネ技術の普及は喫緊の課題である。現行システムは、普及可能なホテル業界の拡大を背景とし、且つ融資制度を充実することで、普及する可能性は十分あるものと考える。4.フォローアップ事業の計画策定:ビルの省エネルギーは、相手国では緊急であるとの意識はまだ低い。そこで、ビル建設のラッシュが始まるこの時期に対策を行うことの重要さを啓蒙する必要がある。モデル事業は、目に見える事例として普及活動に有益であるので、これを題材に、研修会や見学会を企画し、開催する。5.CDMに関する業務:現行システムでは、ベースラインシナリオ及び追加性査定の面で、早期のCDM 化は困難視される。技術面の課題をクリアする努力並びにインドでのプログラムCDMの適用件数の増加により、今後にCDM化は期待することになる。6.結び(総括および結論):ビルの省エネルギーは、経済発展途上国においても地球温暖化対策上避けて通れない。インドでのこの実証事業は、日本のビル省エネルギー技術を発展途上国に貢献できる好機であり、インドでの省エネ事例の実現は双方に有益であり、推進するべきと考える。(以上)
英文要約Title: International Model Project for Increasing Efficient Use of Energy, Feasibility Study of the Model Project for Energy Saving in Buildings using High-efficiency Heat Pump Technology (India) FY 2009 Final Report
1. Project Site: This project aims to demonstrate the Japanese energy-saving technologies with applying Japanese heat pump technology to commercial buildings in India. This project will show great effectiveness of the system for energy-saving. The project site is a hotel with 247 guest rooms and 2,326kW contract electricity, which was selected from seven potential buildings. 2. Model Project Plan and Expected Result:  Taking energy conservation measures into the air conditioning and hot water supply facilities will show the energy-saving effect shown the follows. {Measures for Energy Conservation, Saving[GJ/a], Rate[%]}, {Replacing into the high efficiency chiller with Ice storage, 10,980[GJ/a], 48[%]}{Flow control of CT pumps in reasonable capacity, 3,557[GJ/a], 36[%]}{CW pumps are updated in reasonable capacity and run by VWV control, 7,479[GJ/a], 84[%]}{Heating system is updated in the Air Source type Heat Pump system, 2,479[GJ/a], 85[%]}{A part of existing AHU is replaced into the VRF system, 167[GJ/a], 33[%]}{Current Boiler system is replaced into the hot water supply heat pump system, 1,248[GJ/a], 41[%]}{Energy saving effect of the whole building, 25,910[GJ/a], 32[%]}. BEMS is also installed for the appropriate operation and energy consumption management. Following two factors mainly works for energy-saving effect; 1) Fitting adequate capacity of equipments in with its load, 2) Selecting the high efficiency refrigerator that is superior to partial load characteristics. The reduction amount of GHG would be 1,894[t-CO2/a]. 3. Potential for disseminating Heat pump technologies: While India has been enjoyed its economic growth, chronic electricity shortage raised as quite serious issues, and thus taking certain actions for disseminating energy saving technologies is urgent for India. The system we proposed is quite reasonable from the point of view of its energy saving effect and the market condition of the hotel industry in India. 4. Action Plan in the Post-Project: The necessity of energy saving for buildings is not recognized as urgent issue in India. However, it is important to make an awareness of it in the country today, when a lot of building construction project is on-going. As an actual example, this project is useful for enlightenment. 5.Potentiality of CDM credit: Creating CDM credit immediately by introducing the systems we proposed would be difficult, because of its weakness of baseline scenario and additionarity. 6.Conclusion: It is quite important for developing countries to take energy saving measures into commercial buildings in the perspective of global warming. Our model project would be a good chance for Japanese energy saving technologies to show its great efficiency to India.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る