成果報告書詳細
管理番号20100000001366
タイトル平成21年度成果報告書 国際石炭利用対策事業 クリーン・コール・テクノロジー実証普及事業(FS) 「炭鉱メタンガス(CMM)の濃縮と有効利用に関する実証普及事業FS(中国)」
公開日2010/9/7
報告書年度2009 - 2009
委託先名大阪ガス株式会社
プロジェクト番号P93054
部署名クリーンコール開発推進部
和文要約「炭鉱メタンガス(CMM)の濃縮と有効利用に関する実証普及事業FS(中国)」の目的は、大気放散され、未利用となっているメタン濃度が低いCMMを有効利用し、省エネルギー及び地球環境保全の推進を可能にするCMM濃縮技術の中国国内での導入と普及の可能性を調査研究することである。本FSでは、本事業の実施可能な中国国内の複数の炭鉱を訪問調査し、調査研究対象とするサイトを決定後、基本計画の策定・普及可能性の検討を行った。1.炭鉱メタン濃縮設備導入のための基本事項、2.中国における炭鉱メタン濃縮設備導入に関連する政策、3.中国の石炭産業における設備投資動向、4.炭鉱メタン濃縮設備導入サイト候補、5.炭鉱メタン濃縮設備導入計画、6.炭鉱メタン濃縮技術の普及可能性。なお、当該事業の対象技術は、大阪ガス株式会社の関連会社である株式会社ガスアンドパワーインベストメント(当時)が、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する「提案公募型開発支援研究協力」として委託を受け、平成19年度、平成20年度の2年間に亘り、中国における低濃度CMMの有効利用に向けて、炭鉱メタン濃縮技術を現地にて実証し、技術確立したものである。2年間の研究成果から、利用できずに大気放散されている低濃度CMMを利用可能な濃度まで濃縮できることを確認し、中国内の炭鉱において実施したパイロット装置による実証試験結果を通して、商用機導入に向けての準備を整えることができている。本FSでは、7ヶ所の炭鉱の現地調査を実施し、対象サイトを選定した。対象サイトの現地詳細調査を実施し、低濃度CMMの抽出から最終的な利用先までの現地確認を完了した。現地詳細調査結果に基づき、CMM濃縮利用に関する基本計画を策定した結果、モデル事業時点で、イニシャルコストが788百万円、年間コストメリットが128百万円、本事業の単純投資回収期間が6.1年、温室効果ガス削減量が約9万t-CO2/年となった。また、普及可能性の調査検討を実施した結果、普及段階で本事業の単純投資回収期間は、4.5年と、十分な経済性を期待できることが確認された。さらに、中国において炭鉱メタン濃縮技術の必要性が高く、また普及対象と想定される炭鉱が5000ヶ所以上であり、中国政府からの補助制度や優遇税制の対象にもなることから、本技術の中国における普及可能性が高いことを確認できた。
英文要約The purpose of “the Feasibility Study of the Demonstration and Diffusion Project of Concentration and Effective Utilization of Coal Mine Methane (CMM) (People’s Republic of China)” is to survey and study the feasibility of introducing and diffusing in China CMM concentration technology that enables effective use of low-methane-concentration CMM that is otherwise emitted into the atmosphere and left unused, so as to promote energy-saving and global environmental conservation. In performing this feasibility study, we visited and studied several coal mines in China at which this project is considered feasible, and selected sites to be covered by this feasibility study. Following this, we formulated a basic plan and studied the possibility of diffusing the technology. 1.Basic matters to be considered in introducing CMM concentration facilities, 2.Policies concerning the introduction of CMM concentration facilities in China, 3.Trend of capital investment in the Chinese coal mine industry, 4.Candidate sites for introducing CMM concentration facilities, 5.Plan for introducing CMM concentration facilities, 6.Possibility of diffusing CMM concentration technology. The technology covered by the project was established through on-site demonstration of CMM concentration technology, with the aim of effectively using low-concentration CMM in China, for the two-year period of fiscal years 2007 and 2008. This activity was carried out by the then Gas and Power Investment Co., Ltd., an affiliate of Osaka Gas Co., Ltd. that was entrusted to carry out under the Publicly Solicited R&D Subsidy System executed by the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO). On the basis of the results of two years of research, we confirmed the feasibility of enriching low-concentration coal mine methane, unused and exhausted into the atmosphere, to a concentration at which CMM can be put to practical use. We are now able to prepare for commercial plant introduction on the basis of results of a pilot-testing carried out in the coal mine in China. As a result of this feasibility study, in which 7 coal mines were surveyed on-site, we chose the object site. We surveyed the object site in detail, completing on-site confirmation of a chain of use from extraction of low-concentration CMM to the user. According to the basic plan for CMM concentration and use formulated on the basis of a detailed on-site survey results, the initial investment cost 788 million yen, with an annual cost merit of 128 million yen in the model project phase; the simplified pay-back period is 6.1 years and greenhouse gas reduction is approximately 90 thousand ton -CO2 equivalent. The survey and study of the possibility of diffusing this technology confirmed a simplified pay-back period of 4.5 years for this technology in the widespread use stage, indicating that sufficient cost-effectiveness can be anticipated. In addition, the need for CMM concentration technology is strong in China, with the number of coal mines expected to become a subject of technology diffusion exceeding 5000. The technology is also the object of a subsidy from Chinese government and is entitled to a tax break. These favorable circumstances also enabled us to confirm the high possibility of diffusion of this technology in China.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る