成果報告書詳細
管理番号20100000001408
タイトル平成21年度成果報告書 国際石炭利用対策事業 クリーン・コール・テクノロジー移転事業「クリーン・コール・テクノロジーに係る設備性能維持研修事業(フィリピン)」
公開日2010/9/7
報告書年度2009 - 2009
委託先名橋本産業株式会社 財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P93054
部署名クリーンコール開発推進部
和文要約1.事業の目的
 ブリケット製造設備導入支援事業として、フィリピン・セブ島においてモデルプラントが設置されたが、当該プラントは2002年の工事完成以来、既に約7年が経過したため、一部設備に劣化が見られる。当該CCTを相手国において、普及させる為には、当該設備の維持が必要な状況にて、その為には相手国側企業による設備性能維持についてのノウハウの取得及び技術レベルの向上が必要となっている。 このような状況から、導入した設備の利用期間を延ばし、導入した技術の更なる普及を図ることを目的とし、我が国専門家を現地に派遣し、当該プラントの現状を把握するとともに、相手国側企業の技術責任者に対し、設備性能維持及び修理に必要なノウハウの提供と指導を行った。
 2.実施内容
 本事業に係るフィリピン側関係者と事業実施の為の計画を打ち合わせ、確認するとともに、本事業を実施する為の我が国専門家を選定し、宿泊場所、移動手段、及び通訳の手配等、本事業を実施するに必要な事前準備を行い、下記内容に基づく、調査を実施した。
 (1)我が国専門家の派遣
   ブリケット製造設備導入支援事業における主要設備の設計、製造に携わった我が国機械メーカーの専門家とともに、平成21年8月19日から9月18日までの一ヶ月間、現地に滞在し、当該プラントの現状把握と設備性能維持研修、更には現地メーカーの調査を実施した。
 (2)プラントの現状把握
 プラントの現状を把握する為、設備性能維持研修に先立ち、対象プラントに係る設備機器リスト、及びプラント設備レイアウトを作成し、それらを基に、設備点検リストを作成し、関連設備の点検を行った。点検作業は対象プラントの関連設備を機械及び電気分野別に大別し、外観検査、及び無負荷運転により行った。点検中に幾つか不具合が発見されたが、相手国側企業の技術責任者と協議し、必要な修復作業を実施し、点検結果を一覧表として取り纏めた。
 (3) 設備性能維持研修
 設備点検結果等を加味してメンテナンス・マニュアルを作成、そのマニュアルを基に、相手国企業技術者に対し、設備性能維持の為に必要とされる設備点検の実施方法について、指導研修を行った。
 (4) 現地メーカー調査
 設備性能維持の効率化には、万一問題が起こった場合でも即座に対応できる様、現地調達比率を高める事が必要である事から、現地における部品、部材の供給可能なメーカー、及び修理が可能なメーカーについて調査した。調査結果は報告書として取り纏めた。
英文要約(Summary)
FY-2009 Clean Coal Technology Transfer Project of “Training for maintenance of the plant efficiency on Clean Coal Technology (Philippine)”
1. Purpose of Project
It has already passed 7 years since the model plant has constructed at Sebu Philippine in 2002 aiming for assisting to introduce equipments of briquette production into the country. Because of such the time passage, some parts of the equipments have been deteriorated.
In order to disseminate the technology in the country, it is essential to improve technical capacity of the engineers at the plant by their acquiring a knowhow for maintenance so that the equipments are maintained under normal condition,
Considering such the situation and for promoting further dissemination of the technology by extending a life of the equipments, Japanese technical experts were dispatched to the plant site to inspect the equipments and train the engineers at the plant providing a knowhow for maintenance.
2. Project Overview
After a training schedule was confirmed among the concerned parties, a necessary arrangement was made such as selection of technical experts to be dispatched, reservation of accommodation and transportation, hiring interpreter and others, and following investigation work was carried out.
(1) Dispatch of Japanese experts
All the parties including experts of Japanese machine makers were stayed at the plant site for one month from Aug. 19th to Sept.18, 2009 for inspection of a condition of the equipments, training for maintenance, and investigation of local machine makers.
(2) Inspection of the plant
Before starting training for maintenance, an inspection of the equipments was made with a newly prepared list of the equipments and a layout of the plant, for the purpose to check their condition. The work was carried out in a manner of visual inspection and non-load operation test by grouping all the concerned equipments into mechanical and electrical part. The result of the inspection was compiled in a report.
During the inspection, some breakdown of the equipments was found, and repaired through a consultation with the responsible engineer at the plant.
(3) Training for maintenance of equipments efficiency
Training for maintenance of equipments efficiency was provided to the engineers at the plant in accordance with a maintenance manual which was made taking the result of the inspection as above.
(4) Survey of local makers
It is important to lift a ratio for parts of equipments procured in local market so as to solve a breakdown of the equipments quickly, when it is happened.
Considering it, an availability and quality of local machine makers who can supply parts of the equipments was investigated.
iii
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る