成果報告書詳細
管理番号20100000001473
タイトル平成21年度成果報告書 「航空機分野技術戦略マップの改訂に関する調査」
公開日2010/9/9
報告書年度2009 - 2009
委託先名社団法人日本航空宇宙工業会
プロジェクト番号P09018
部署名機械システム技術開発部
和文要約 平成16年度に経済産業省と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は20年程度先までを見据えた航空機分野技術戦略マップを策定した。当マップは政策を記した導入シナリオ、技術分野一覧である技術マップ、重要技術分野の展開を記した技術ロードマップで構成されている。そして、技術開発動向を踏まえて、技術マップおよび技術ロードマップの改訂を毎年行っている。平成19・20年度については、要素技術の見直し等の技術マップ及び技術ロードマップの微修正を行った。今年度は、最近の航空機分野における技術開発動向の変化を踏まえ、3年ぶりとなる技術マップ及び技術ロードマップの大幅改訂を行う。航空機技術を4つの分野(材料・構造技術、空力技術、装備品(システム)技術、エンジン要素技術)に分類し、関連する大学、国研、産業界の専門家による技術マップ及び技術ロードマップの改訂作業を行う。技術戦略マップの審議については、上記の各分野作業部会にて作成した技術マップ及び技術ロードマップ、並びに経済産業省による導入シナリオに基づき審議を行う。作業結果の技術戦略マップ上の表現については、新たに各分野の総括説明・重要技術課題を整理した総括表を挿入する等、他分野の技術者に理解しやすいような構成とする。
英文要約In March of 2005, the technological strategy map for the field of aircraft was made by METI and NEDO. The map consisted of scenario in the targeted fields, technology map and technology roadmap. Scenario showed policy along the time axis for about 20 years. Technology map showed an overview of important technology in the future. Technology roadmap shows the evolutional strategy of each technically-important challenge. In this researchstudy, technology map and technology roadmap are updated on the basis of the trend about technological development every year. And this year, in order to get much-improved results, the technological strategy map is entirely revised after an interval of three years.Aircraft technological fields are divided into 4 groups, such as material・structure,aerodynamics, equipment (system) and engine element. Technology map and road map are updated by the specialists of university, research center and industrial members. The technological strategy map is discussed on the basis of scenario in the targeted fields, technology map and technology roadmap. The resulting technological strategy map is composed in consideration of intelligibility to engineers of other technological fields, for instance, by inserting summary tables of aircraft technology overview and challenges.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る