成果報告書詳細
管理番号20100000001628
タイトル平成18年度-平成21年度成果報告書 太陽光発電システム等国際共同実証開発事業 太陽光発電システム等に係る保守・管理能力向上支援事業
公開日2010/9/30
報告書年度2006 - 2009
委託先名四国電力株式会社
プロジェクト番号P92034
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約【事業目的】本事業は、アジア諸国における太陽光等再生可能エネルギー発電システムの技術水準向上、および一層の定着・普及を実現するため、対象国における課題・題材等を明確化し、リーダーとなるマスタートレーナー等の養成、および現地語の教科書及び教育カリキュラム等の作成により、対象国における技術管理者等の能力向上や資格者制度等の構築支援を総合的に図るものである。【事業概要】本事業では、研修生がマスタートレーナーに認定される条件として、参加各国で研修生自らが「太陽光等再生可能エネルギー発電システム運転保守能力向上に関する研修」を開催することを最終目標とした。本事業ではそれに向けて研修生をマスタートレーナーに養成するための技術研修を下記の内容で実施した。【1.研修対象国と研修参加者】本研修は、過去の「太陽光発電システム等国際共同実証開発事業」あるいは「太陽光発電システム等高度化系統連系安定化技術国際共同実証開発事業」の実施国から、本研修の効果が高い国としてカンボジア、ラオス、インドネシア、タイを対象国として選定した。官庁等先方国窓口への説明の後、各国5-6名全21名の研修生派遣協力を得た。【2.研修拠点】再生可能エネルギー技術の指導に関して優秀な人材と本事業にふさわしい教育施設、および所定の技術レベルにあるトレーニングコースを有し、本事業に対して高い理解と協力姿勢ならびに強い参画意欲があることを確認できたことから、タイ国ナレスアン大学再生可能エネルギー研究所(School of Renewable Energy Technology:SERT)を本事業の研修拠点として選定した。また、点検実習設備として活用するNEDO設備として、ラオス国ウドムサイでの太陽光+揚水発電設備を選定した。【3.実施科目】研修の構成は、オフグリッドや地方電化の開発支援に有効な「給電技術」に重点を置き、かつ、大規模再生可能エネルギー発電設備の系統接続のための「グリッド技術」も取り扱うものとした。また、その双方に関わる実践的な運転・保守・点検、認証制度等の「運転維持管理技術」に関する科目も用意した。それら3本の柱に沿い、習得技術レベルを段階的に高められるよう延べ50科目以上のカリキュラムを用意した。【4.実施研修会】自国研修会開催に向け、マスタートレーナー養成のための研修として2007年12月-2009年11月の間にタイの研修拠点での研修5回、ラオスNEDO実証サイトでの点検実習研修1回、日本受入研修1回を実施した。【5.標準教科書作成】研修生が自国研修用教科書を作成する際に標準とする情報として、主要な科目の標準教科書を監修し配布した。研修生はこの標準教科書から必要な情報を用いて英語版自国研修用教科書を作成し講義演習を行い、指導・調整を受けた後、自国語教科書に翻訳した。【6.自国研修実施内容】2010年2月に参加各国にて20-30名の受講者を招聘しそれぞれ2日間ずつの研修会を開催した。教材作成や会場の準備等も研修生自身が実施した。全ての研修生が、受講者にも満足度の高い講義や質疑応答をやり遂げることができ、マスタートレーナーとして認定された。研修生の報告によると本研修にて自身および自分の組織に有益な情報を得ることができたとの意見が多く、大半の研修生は現在人材育成業務に携わっており、既に今後の具体的な研修を計画しているとのことであった。 本事業を通してマスタートレーナーとなった研修生の継続した活躍により、各国における太陽光等再生可能エネルギー発電システムの技術水準の一層の定着が期待できる。
英文要約Title:International cooperative demonstration projects/ Support project to improve maintenance skills for photovoltaic and other renewable energy power generation systems (FY2006-FY2009) Final Report
[Purpose of this project] This is the support project to improve and disseminate the technique for renewable energy generation including PV systems in Southeast Asia. The target is to establish qualification system in their countries by bringing up master trainers who were expected to be the leaders of their countries to draw up the curriculum and textbooks. [Summary of this project] The final goal of this training was for the participants to hold the in-country training, to be authorized as master trainers. The technical training was held by the following contents. [1.Target countries and participants] Cambodia, Laos, Indonesia and Thailand were chosen as the target countries among the countries where the past cooperative demonstration projects with photovoltaic systems were held. Each Government cooperated to dispatch 5 or 6 participants. [2.Training base] School of Renewable Energy Technology (SERT) in Naresuan university, Thailand was selected as the training base because it had the suitable educational facilities and talented lecturers for the training of the renewable energy technology, and it also had high understanding, cooperation and strong will to participate in this project. As the NEDO facility for the inspection training, the PV and pumping-up power generation facility in Laos was selected. [3.Subject] For the contents of the training, "Supply technique" to support development of the off grid and the local electrification was mainly provided. And additionally "Grid technique" to connect large-scale renewable energy generating facilities to the power grid and "Management method for operation and maintenance" were provided. Along these three masts, more than 50 subjects enhancing their acquisition technology level step by step were provided.[4.Trainings] Toward in-country training, the five trainings in Thailand, one inspection hands-on training in Laos and one in-Japan training were implemented from December, 2007 to November, 2009. [5.Standardized textbook] The standardized textbooks were arranged and distributed for the participants to draw up their own textbooks of in-country training, firstly in English. After getting advice, their textbooks were translated in their own languages.[6.In-country training] In February 2010, in-country trainings were held inviting 20 to 30 auditors for two days each. Trainees also carried out the preparations by themselves. The auditors got satisfied with the excellent lectures and Q & A sessions which all the trainees accomplished and have got authorized as the master trainers. The trainees reported they could get useful information for the personnel training of their organization from this training and most of them had already planned concrete trainings holding in the future. : Through the continuous activity by the trainees who became the master trainer in this project, further dissemination of the technical standard of the renewable energy such as the PV systems in each country can be expected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る