成果報告書詳細
管理番号20100000001680
タイトル平成20年度成果報告書 国際石炭利用対策事業 クリーン・コール・テクノロジー実証普及事業(FS)山元小規模熱電所における低品位炭利用高効率発電バブリング流動層燃焼技術導入(その2)
公開日2010/9/30
報告書年度2008 - 2008
委託先名電源開発株式会社
プロジェクト番号P93054
部署名クリーンコール開発推進部
和文要約本実証普及事業は、中国の既設の小規模石炭火力発電所の性能向上を目的として行うものであり、我が国の環境対策型高効率バブリング流動床ボイラ技術と、中国の3次元翼を用いた蒸気タービン技術を組み合わせて改造することで、燃料消費を20%以上低減するとともに環境負荷を低減できることを実証する。火力発電設備の改造費用は新設費用の半分程度(2,000-2,200元/kW )であり、運転費用は燃料として一般炭の替わりに選炭後低品位炭を利用することで低減でき、かつ資源総合利用プロジェクトを対象とした税の優遇措置等が期待できることから、改造費用は約2-3年で回収することが可能となる。このため、実証事業後は、費用対効果に優れた小規模石炭火力発電所の改造事業としての普及が期待できる。普及対象の小規模石炭火力発電所としては、2.5万kW、5万kW、10-20万kWの発電所を想定しており、2010年以降にもそれぞれ数百台が稼働予定である。更に、日本での改造実績を有する30万kWバブリング流動床ボイラ技術により中型発電設備への普及も期待できる。また、選炭低品位炭の発生量は2020年には4.7億t/年に達する計画であり、その有効利用が重要な課題となる。当該事業の普及段階では、選炭低品位炭を一般炭と混合して発熱量2,500kcal/kgの混合炭(8億t弱)に調整することで1.2億kW相当の低品位炭焚き発電設備に供することができるようになり、2020年予測の火力設備容量6億kWの20%を占めることが可能となる。本年度の調査事業は、日本と中国が合意する実施サイトを確定し、具体的な実証事業計画を策定することを目的として実施した。しかしながら、候補サイトの発電事業者は、当該事業による設備改造の効果に理解を示したものの、新たに大型発電設備にリプレースすることを選択したため、結果的に実施サイトの確定にいたらなかった。
英文要約The purpose of this planned demonstration and dissemination project is to improve China’s existing small-scale coal-fired power plants by upgrading both the boiler and steam turbine using a combination of environmentally-friendly Japanese high-efficiency bubbling fluidized-bed combustion boiler technology and Chinese 3D blade turbine technology. This combination is expected to decrease energy consumption by 20% or more and lessen the environmental impact of the upgraded plant. Since the upgrade cost is about half (2,000 - 2,200 CNY/kW) that of constructing a new plant, and because fuel costs can be decreased by using reject low-grade coal in place of thermal coal, and given that preferential tax treatment for resource integrated utilization projects can be expected, it is possible for the cost of the power plant upgrades to be recovered in approximately 2-3 years. Given this, after the demonstration stage it is expected that the technology introduced in this model project will be adopted at other plants as a cost-effective upgrade for small-scale coal-fired power plants. The technology is targeted at small-scale coal-fired plants including 25, 50 and 100-200 MW class plants, which are expected to number in the hundreds for each class after 2010. In addition, the bubbling fluidized boiler technology was used to upgrade a 300 MW medium-scale power plant in Japan. As 470 million tons of low-grade coal will be produced in 2020, finding effective ways to use it are essential. From the perspective of technology dissemination, by blending low-grade coal with thermal coal, about 800 million tons of blended coal with a calorific value of 2,500 kcal/kg can be supplied to low-grade coal combustion power plants with a combined capacity of 120 GW. This is a significant amount of power, representing the equivalent of 20% of the 600 GW of thermal power plant capacity estimated in China in 2020. A feasibility study was conducted this year to identify a project implementation site agreeable to both the Japanese and Chinese sides and for the sides to agree upon a detailed model project plan. Although a candidate site expressed understanding for the effectiveness of implementing this project, they, however, chose to replace their existing equipment with a new large-scale solution. As a result, an implementation site for this project has yet to be determined.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る