成果報告書詳細
管理番号20100000001728
タイトル平成19年度-平成21年度成果報告書 新エネルギー技術フィールドテスト事業 地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業 複合商業施設における食品系廃棄物を対象としたバイオガス化実証事業
公開日2010/9/30
報告書年度2007 - 2009
委託先名前田建設工業株式会社 株式会マイカル
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約【発生状況調査】店舗から発生する廃棄物の種類では野菜くずなどの農産類や残飯類多く、メタン発酵に適した原料であった。包装品類については、分別破袋による前処理の必要性を確認した。【設備の効率最適化へ向けた検討】実証試験設備は既設複合商業施設の限られたスペースを有効活用した最適な設備を検討した。その結果、既設構造物や屋上を活用した設備とした。【馴養と試運転調整】実証試験設備の設置完了後、第1、第2の両メタン発酵槽にグラニュールを移送し、酢酸ナトリウム水溶液による馴らし運転を実施した。【前処理設備の性能評価】乳酸発酵菌によって、主に生ごみ中の糖類の分解が進み、生ごみ溶解液には乳酸が高い濃度で含まれていた。生ごみ溶解液中の菌相解析結果からも、Lactobacillus属が同定され、乳酸発酵環境下にあることが確認された。【エネルギー転換システムの性能評価】酸生成槽は、生ごみ溶解液中の乳酸を酢酸に転換する生物作用を目的に設置し、各種有機酸の中でも酢酸が優勢となる環境となっていた。T-COD(Cr)、S-COD(Cr)のそれぞれのメタン発酵槽前後での値を比較することで、分解率を算出すると、T-COD(Cr)分解率は約85% 、S-COD(Cr)分解率は約98%であり、可溶化した有機物のメタン発酵槽での分解効果は著しく高いことが示された。【排水処理システムの性能評価】運転開始より、目標値である下水放流基準を概ね満足する水質を維持してきたが、運転開始から初めての冬場に入って、やや水質が悪化する傾向にあり、事業期間全体を通じての平均を見ても、本件で掲げた水質目標は未達となった。原因は、懸濁物(SS)にあり、ラボ試験でこれを除去することで、BOD、N-hexともに大幅に低減されることがわかった。加圧浮上等による懸濁物の除去をシステムに組込むことで、大幅な水質改善につながるものと考えられた。【エネルギー利用設備システムの性能評価】2008年9月から2009年12月までの期間、バイオガス化プラントへの食品系廃棄物の投入量は、約273 tであったが、それに対するバイオガスの積算発生量は、約41,800 m3であった。生ごみ1 tあたりに換算すると、約150 m3のガス発生量となった。積算発電量は約30,900 kWhであった。本実証規模(1t/d)での発電効率は14.3%、排熱回収効率で30.6%となり、総合効率で約44.9%となった。
英文要約Title:New Energy Technology Field Test Project,Field Test Project of Heat Utilization of Regional Biomass,Biogasification Demonstration Project for food waste in a complex commercial facility (FY 2007-FY 2009)Final Report
【Research of the occurrence investigation】As for the kind of the food waste generated from the store, there were a lot of farming productions and leftovers such as the vegetable rubbish. There was necessity of the preprocessing by the discretion machine about packaged goods.【Performance assessment of preprocessing equipment】The resolution of the saccharine in garbage advanced chiefly, and it was contained in the garbage dissolution liquid by the lactic acid fermentation bacterium in the density with a high lactic acid. The Lactobacillus belonging was identified from the PCR-DGGE analysis of bacterial phase result in the garbage dissolution liquid as a priority bacterial strain. As a result, it was confirmed that the lactic fermentation was actively done.【Performance assessment of energy conversion system】The acid generation tank set up the biological action that converted the lactic acid in the garbage dissolution liquid to the acetic acid in the purpose. It has been understood that the ratio of the acetic acid is higher than that of the analysis result in the organic acid. T-COD (Cr) and S-COD (Cr) were analyzed before and behind the methane fermentation tank. As a result, about 85% and S-COD (Cr) decomposition rates were about 98% in the T-COD (Cr) decomposition rate. Now therefore, it was shown that the resolution effect in the methane fermentation tank of the solubilized organism was remarkably high.【Performance assessment of waste water treatment system】The water quality that roughly meets the drainage discharge standard that is the targeted value has been maintained from the commencement of commercial operation. However, the tendency that it entered winter and the water quality deteriorates a little was seen. The set water quality target became Ram for the entire business period in the running mean value. It has been understood that both in remove this by the lab examination BOD and N-hex causes are in suspension (SS), and are decreased greatly. It was thought that it led to a great water quality improvement by taking the removal of the suspension by the pressure flotation etc. to the system.【Performance assessment of energy use equipment system】The amount of turning on to the plant of food waste was about 273 tons for the period from September, 2008 to December, 2009. The amount of biogas of the multiplication generation to it is about 41,800 m3. It was a gas yield of about 150 m3 when converting it around the garbage one ton. The amount of the multiplication power generation was about 30,900 kWh.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る