成果報告書詳細
管理番号20100000001940
タイトル平成21年度成果報告書 研究協力事業 マイクログリッド・スマートグリッド導入によるインド工業団地への安定電力供給システムの検討
公開日2010/9/30
報告書年度2009 - 2009
委託先名株式会社日立製作所
プロジェクト番号P93048
部署名新エネルギー技術開発部
和文要約ニムラナ工業団地における共同発電計画に対して、マイクログリッド技術の適用を検討した。:これまで研究が行われているマイクログリッド技術とは、限定された地域系統内(=マイクログリッド)での系統制御・需給制御であった。しかし、容量の異なる各企業のディーゼル発電機(以下、DEG)を連系する場合、各企業は電力の供給側および需要側の双方になる可能性がある。:また、DEGは最低出力から定格出力までの範囲が広く、負荷追従性に優れているが、低負荷時は発電効率が悪く排気ガス中の窒素酸化物成分が増大する。そのため、異なる容量のDEGの連系運転を実現するためにはソフト面およびハード面で次のような課題を解決する必要がある。:ソフト面の課題は、1)各企業へ信頼度の高い電力を供給しつつ、コストおよび環境負荷が全体で最小となるようDEGを制御する方法の確立、2)異なる容量のDEG を協調させて制御する方法の確立、3)系統内で事故が発生した場合の需要側および供給側の制御方法の確立 である。また、ハード面の課題は4)需要側、供給側双方の状態を監視・制御する設備機能の確立、5)受電点での保護方式の確立である。:そのため、この工業団地で構築されるマイクログリッドの制御に、電源供給と負荷を協調制御するスマートグリッド技術を応用させることにより上記課題を解決できると考えた。:本研究では、ニムラナ工業団地に進出している日系企業において各企業の既設のDEGを連系・協調させた場合の負荷変動・DEG脱落・事故における電力の状態変動及びDEG挙動のシミュレーションを実施し、スマートグリッド制御を行う監視・制御のシステム構成の検討・概念設計、受電点での計測保護マルチ装置の概念設計を行った。
英文要約Title: The study of Stable Power Supply system of Micro grid/Smart grid for the industrial park in India (FY2009) Final Report
In this report, we examined availability to apply micro-grid technology on the plan of Captive Power supply in Neemrana industrial park. Micro grid technology that has been researched so far means grid control and demand-supply control in the limited local grid (micro grid). However, when various capacities of DEGs in each company are connected, each company can be both the supplier as well as the consumer. Moreover, although a DEG can cover from minimum output to rated output with wide range and well performs with load follow, the generation efficiency is bad and the amount of exhausted SOx is increased at low load operation. Therefore, we have following problems to solve on software and on hardware for parallel operation of connected DEGs each of which has different capacity. As software issues, one can cite following 3 issues namely (1) To establish the method of control the each DEG so that the cost and environmental load are minimum with supplying highly stable power to each company, (2) To establish of method to control by synchronizing DEGs each of which has different capacity and (3) To Establish of control method on demand side as well as supply sides in case of any accident in the grid. And as hardware issues, (4) To establish of equipment function to monitor and control the condition on both demand and supply sides and (5) To establish of protection system at the point of receiving electricity can be cited. Thereupon, we study to solve these issues by applying smart grid-technology to control the power source and the load into the micro grid which will be established in this industrial park. Therefore, simulation for power condition and DEG condition at the cases of load gained, a DEG stopped, short circuit happened, the conceptual design and study of system structure for monitoring/control system for smart grid control, and the conceptual design for multi protection relay unit has been done.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る