成果報告書詳細
管理番号20100000001155
タイトル平成19年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 民生(ビル)省エネモデル事業実施可能性調査(中国)
公開日2010/11/10
報告書年度2007 - 2007
委託先名日本ファシリティ・ソリューション株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー技術開発部
和文要約中国のエネルギー消費量は、1980年以降急激な増加傾向を示し、1990年以降の増加率は平均で年率5.7%に達している。部門別のエネルギー消費量では、運輸部門、民生業務部門での増加が特に顕著であり、1990年と比較するとそれぞれ約3.6倍、2.9倍に達している。このような現状を受け、2007年10月に改正法が承認された省エネルギー法には、民生部門の省エネ政策が盛り込まれた。特に、上海政府は業務施設が省エネの重点分野であると認識している。本FS調査では上海市のモデル事業実施サイトである花園飯店を対象として、包括的な省エネルギー手法や、日本が技術的な優位性を持つ最新の省エネ手法であるBEMS、CO2冷媒ヒートポンプ等の導入を検討し、省エネ・代エネ量で28.39TJ/年(省エネ・代エネ率14.4%)が達成可能との結論が得られた。検討した技術および省エネ・代エネ量、省エネ・代エネ率の内訳は、空調機の外気量制御、太陽光発電システムの導入、高効率ボイラの導入、CO2冷媒HP給湯器の導入、プール用HPの導入、暖房用HPの導入、高効率パッケージエアコンの導入、一次ポンプの変流量制御、冷却水ポンプの変流量制御、二次ポンプの変流量制御、プール用循環ポンプの変流量制御、空調機の変風量制御、CGS、BEMSの導入である。単純投資回収年数(初期投資額を年間の光熱水費削減額で除したもの)は約8年であり、後年度負担額を考慮すると投資回収に約10年間を要する計画である。本技術が民生業務施設(ホテル、病院、商業施設及びオフィスビル)に対し、中国全体の10%および上海市の20%に導入された場合、それぞれ年間86,000TJ、7,500TJの省エネ・代エネ効果が期待される。投資回収期間は、我が国で行われている省エネルギー事業と比較して若干長い水準だが、モデル事業のため日中の役割分担のなかで重複する部分が少なからずあること、主要な設備を我が国から輸出することを前提としていることなどが理由と考えられる。将来、普及段階において現地生産が進めば設備費の縮減が図られ、投資回収期間は事業として十分成立する水準に短縮されると考えられる。
英文要約Title: Model Projects for Increasing the Efficient Use of Energy Efficiency for Feasibility Study on Energy Saving Model Project in the Industrial Sector (Buildings) in China (FY2007-FY2008) Final Report
The increase in Chinese energy usage in recent years has been steadily high and the annual increase rate has reached 5.7%since 1990. The energy usages of transport and commercial sectors have been growing especially rapidly, and the amended energy saving law agreed in 2007 includes energy conservation measures for the commercial sector. This project has been initiated in one of the largest hotels in Shanghai where its government regards that the commercial sector is attributed to the large overall energy increase. We introduced the Building and Energy Management System and heat pumps which were originally developed in Japan and have been of the areas of expertise for Japanese companies among others. We also chose the effective energy saving technologies of optimizing energy utilization and loads by each facility already been introduced, making minor conversions or reconstructions and adding new pieces of equipment. The overall amount of energy reduction is estimated as 28.39TJ a year, on average 14.4%reduction. The payback period examining only initial cost is estimated as around 8 years, and it would become 10 years if maintenance cost would also be considered. If the assumption is made that the same technologies are introduced to 10% of commercial buildings in China and 20% ofShanghai as a whole, the overall energy saving effects would be around 86,000TJ and 7,500TJ a year, respectively. Although payback period is analyzed rather long compared to many energy reduction projects currently implemented in Japan, it could become shorter and the project would become economically viable in the stage of implementing an actual project when the additional administration and managing cost incurred by implementing the model project will be unnecessary and the majority of the equipment will be manufactured in China.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る