成果報告書詳細
管理番号20100000001180
タイトル平成20年度-平成21年度成果報告書 「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト コミュニケーション知能(社会・生活分野)の開発 公共空間における情報支援知能モジュール群の開発」
公開日2010/11/10
報告書年度2008 - 2009
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P08013
部署名機械システム技術開発部
和文要約店舗内外等の公共エリアにおいて,受付,案内,見守り等のサービス産業のタスクを行うロボットが,周囲環境が変化しても所期の仕事を確実に遂行するために必要なコミュニケーション知能モジュール(社会・生活分野)の研究・開発を行った。音声認識モジュール,音声合成モジュールに,顔動作推定モジュール,発話区間推定モジュールを組み合わせることで,カメラ画像で捉えた口の動きから発話タイミングの情報を得て音声対話の成功率を向上させる「視覚ベース発話区間推定」技術を開発したことが主な成果である。人の音声/顔画像を模擬する「対話ユーザ模擬システム」を用いた実際のロボットの対話シーンに即した条件での実験において,雑音環境下(S/N比が平均6dB)において,従来4.4%であった音声認識の成功率を,この技術により88.6%と大幅に向上できた。また,開発してきた各モジュールをロボットに組込み,ロボットの動作も含めた総合的なコミュニケーション機能が発揮できることを確かめた。
英文要約Title: Intelligent RT Software Project / Development of Intelligent Communication RT Modules for Providing Informational Services in Public Environments (FY2008 - FY2009) Final Report
The intelligent communication modules which were necessary for the robots to provide public services as reception, guidance and observation robustly within the changing environment were developed. A remarkable result is the establishment of the "Vision Based Utterance Detection" technology that can significantly improve the voice recognition rate in the noisy environment. On that technology, the utterance period is detected from the motion of the facial organs using the camera images.The voice recognition rate was improved from 4.4% to 88.6% under the noisy environment (S/N=6dB) by the evaluation test using the "Conversational User Simulator" that simulates the voice and the facial images. Additionally, the developed communication modules were implemented on the real robot. The comprehensive communication functionality of the robot including the gesture was demonstrated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る