成果報告書詳細
管理番号20100000001788
タイトル平成19年度-平成21年度成果報告書 分子イメージング機器研究開発プロジェクト(悪性腫瘍等治療支援分子イメージング機器研究開発プロジェクト) /悪性腫瘍等治療支援分子イメージング機器に関する先導研究/非侵襲的生体膵島イメージングによる糖尿病の超早期診断法の開発
公開日2010/11/10
報告書年度2007 - 2009
委託先名アークレイ株式会社
プロジェクト番号P05001
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部
和文要約膵島イメージングに用いる分子プローブとして、下記16種類の分子プローブ合成・標識化を終了し、有効性検討を行なった。
◎GPR40/GPR120のリガンドGW9508誘導体:3種類
◎GPR40のリガンドGW1100誘導体:3種類
◎KATPチャンネルのリガンドMitiglinide誘導体:1種類
◎GLP-1受容体アンタゴニストExendin-4(9-39)誘導体:7種類
◎GLP-1受容体アゴニストExendin-4(9-39)誘導体:2種類
GW9508、GW1100においては、各3種類ずつMitiglinideでは1種類の誘導体で検討を行なったが、脂溶性が高く期待通りの結果を得ることができなかった。
今後、脂溶性を低下させる分子設計が必要であると考える。
Exendin-4(9-39)及びExendin-4においては、合計9種類の誘導体での検討を行なった。
その結果、マウスを用いた実験において、膵臓集積率:28.2%、膵肝比:8.9、膵腎比:0.7の高成績を得た。
しかしながらまだ、膵腎比の改善など今後の改良が必要である。
現在、標識部位、標識時のリンカー等により、分子プローブとしての性能に大きな差が認められており、性能に影響を与える要因の解明が進んできている。
よって、Exendin-4(9-39)及びExendin-4の更なる性能向上は可能であると考えられる。
現状、最も可能性の高い分子プローブはExendin-4(9-39)及びExendin-4誘導体である。
これまでの実験から得られた知見を基に改良を行い、最終的に実用性の高い分子プローブ開発が可能であると確信する。
英文要約Synthesis/labeling were completed and efficacy was investigated on the following 16 types of molecular probes to be used for pancreatic islet imaging.
GW9508 derivative of GPR40/GPR120 ligand: 3 types
GW1100 derivative of GPR40 ligand: 3 types
Mitiglinide derivatives of ligand in KATP channel: 1 type
Exendin-4 (9-39) derivatives of GLP-1 receptor antagonist: 7 types
Exendin-4 (9-39) derivatives of GLP-1 receptor agonist: 2 types
Three types of derivatives were used for each GW9508 and GW1100, and 1 type for Mitiglinide for investigation; however, expected results were not obtained due to high lipophilicity. In the future, molecular design that decreases lipophilicity would be necessary.
For Exendin-4 (9-39) and Exendin-4, 9 types of derivatives were used for investigation in total. As a result of rat experiment, good results were obtained with pancreatic accrual rate: 28.2%, pancreas-liver ratio: 8.9, and pancreas-kidney ratio: 0.7.
However, improvements are necessary in the area of pancreas-kidney ratio, etc.
Labeled section, linker during labeling, etc, have accounted for finding significant differences in the performances as molecular probes, and now leading to the reveal of the cause affecting the performance.
Therefore, it can be said that further improvements of Exendin-4 (9-39) and Exendin-4 performance are possible. Currently, molecular probes that are most likely to be improved are the derivatives of Exendin-4 (9-39) and Exendin-4. I am confident that development of highly practical molecular probes will be attained by making improvements based on the knowledge obtained from the experiments up to today.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る