成果報告書詳細
管理番号20100000002155
タイトル平成20年度-平成21年度成果報告書 水素製造・輸送・貯蔵システム等技術開発 次世代技術開発・フィージビリティスタディ等 技術開発シナリオに関するフィージビリティスタディ等研究開発 水素エネルギーシステムの社会的便益に関する研究開発
公開日2010/11/10
報告書年度2008 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P08003
部署名燃料電池・水素技術開発部
和文要約これまでの研究をベースに、(1)欧米を含めた排出規制や燃費達成目標の設定動向などを参照した排出係数の見直しや暴露評価などの分析・評価手法の再検討などを通じた便益評価精度の向上を図り、FCVの導入初期のシナリオ(NEDO/MRI(2008)、「水素経済社会移行シナリオ等研究」等)の検討状況を踏まえつつ、競合する次世代型自動車(電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV)、ハイブリッド自動車(HEV))が導入される競合シナリオの検討をも行い、種々のシナリオ下での便益評価を実施した。その結果、1.4種類の代替次世代車の外部便益には、大きな差はなく、ガソリン利用乗用車(自家用)を代替する場合は、1台あたり年間7000円前後の外部便益となる、2.FCVの各車種に対する外部便益評価の結果から、車種によって、つまり代替する燃料(ガソリン、あるいはディーゼル)や走行形態によって外部便益が異なり、水素燃料1Nm3あたりの外部便益は、ガソリン代替で17円/Nm3(15-31円/Nm3)、ディーゼル代替で8円/Nm3(1-27円/Nm3)となる、といった評価結果を得た。これらの便益の値は、本研究を開始した当初よりも低めの値となっているが、これは、既存車(ガソリン車、ディーゼル車)の排出量の低下(燃費の向上の考慮、排出ガス規制の適用値の見直しに起因するものである。 市販のソフトウェアAnalyticaTM をベースとし、ExcelTMシートで計算条件・導入シナリオを入力し、自動的にAnalyticaで読み込み、効率良く便益評価が可能となるモデルを構築した。また、主要パラメータに対して確率分布を設定し、モンテカルロシミュレーションにより感度分析も実施可能とした。 また、これまでの研究結果とそれらに対する感度分析の実施や、専門家へのヒアリングなどを通じて、今後の施策立案に資する水素エネルギー利用社会への提言に係る情報をとりまとめた。
英文要約The research aims at supporting decision making on R&D and deployment of hydrogen energy system through socio-economic study including an evaluation of externality of hydrogen energy system. A benefits analysis of policies of introducing FCVs to reduce local air pollution ((NOx, SOx, SPM) noise, and CO2 emission has been conducted based on Japanese society and public preferences. An exposure analysis has been carried out through a diffusion analysis to identify the increase of concentration of local air pollutant. We have conducted a monetary valuation of benefit of human health risk reduction, i.e. mortality risk reduction and chronic bronchitis risk. The past study has been based on Japanese Government’s policy target on the introduction of hydrogen fuel cell vehicle (FCV). This report focused on re-evaluation of last year’s results which addressed five years’ start-up period of market introduction of FCV through expanding system boundary and improving accuracy of the analysis. The social benefit of FCV has been compared with other clean vehicles such as electric vehicles or plug-in hybrid vehicles. The analysis based on input-output table represents a wide range of economic ripple effect by the development of infrastructure of hydrogen supply and by the manufacturing of FCVs. The analysis of external environmental benefit exhibits that the economic benefit of introducing FCV is highly significant. A software system to evaluate the external benefit has been developed reflecting the methodologies developed so far. The system comprises with commercial softwares, i.e. Analytica(TM) and Excel(TM). Finally, policy implications based on the study are summarized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る