成果報告書詳細
管理番号20100000001464
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第2回採択産業技術研究助成事業 06B44523a 飽和励起を利用した高空間分解レーザー顕微鏡 平成20年度中間
公開日2011/1/8
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人大阪大学藤田克昌
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約前年度までに試作した飽和励起顕微鏡の信号雑音比を光学系のスループットの改善により向上することで、微弱な高次非線形応答の検出を可能とし、空間分解能の向上を達成した。褪色に強い蛍光プローブの利用を検討した結果、ナノダイアモンド粒子等は強励起光下においても褪色することなく、飽和励起顕微鏡に有効に利用できることが示された。強度変調された光に対する蛍光分子の応答をレート方程式によりシミュレートし、褪色が少なく、かつ大きな蛍光信号を取り出せる励起光の条件を求めた。
英文要約The spatial resolution of the saturated excitation (SAX) microscope, which we have developed in the previous year, was improved by increasing the signal-to-noise ratio (S/N) of fluorescence detection. Photobleaching effects have also been investigated for several fluorescence molecules, and we experimentally demonstrated that fluorescence nanodiamonds show extremely high photostability which can improve the spatial resolution of SAX microscopy further. We also simulated fluorescence emission and bleaching effect under various excitation conditions, especially laser modulation frequencies The result indicates that fluorescence excitation condition can be optimized for further improvement of S/N and spatial resolution of SAX microscopy.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る