成果報告書詳細
管理番号20100000001482
タイトル平成20年度成果報告書 平成20年度第2回採択産業技術研究助成事業 08C46653c エネルギーの有効活用による地球温暖化対策のために不可欠な高熱伝導性エポキシ材料の開発 平成20年度中間
公開日2011/1/8
報告書年度2008 - 2008
委託先名国立大学法人東京工業大学早川晃鏡
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約電気エネルギーの有効活用を目指し、機器の高効率動作を実現するために必要不可欠となるエポキシ材料の高熱伝導化研究において、本研究期間では、2種類の新規エポキシ材料の開発に取り組んだ。液晶分子末端にエポキシ基を有するスチレン誘導体モノマーの合成およびそれに相当するモデルモノマーから精密重合法であるリビングラジカル重合を行い、明確なポリマーが得られることを明らかにした。また、得られたポリマーの自己組織化構造についても詳細に調べ、高熱伝導化に向けた有効な材料設計指針を得た。もう一方の分岐型エポキシオリゴマーの開発においても、目的とする化合物の合成に成功し、分岐構造が低融点化と溶解性の向上に効果的であることを示唆する結果を得た。
英文要約In order to utilize the electric energy effectively, the development of two kinds of novel epoxy materials was demonstrated for the high effective working of electric equipment. The synthesis of a variety of styrene derivatives with epoxy groups in the liquid crystalline substituent termini and the living radical polymerization of precise polymerization for the corresponding model monomers were carried out and it confirmed that the desired polymers were obtained. The self-organized structures of the resulting polymers were investigated and the valuable principle of molecular design for the high thermal conductive epoxy materials. In the development of branched type epoxy oligomers, the target materials were successfully obtained. They indicate that the branched structure is affected in the decrease melting temperature and the increase of solubility.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る