成果報告書詳細
管理番号20100000001484
タイトル平成21年度-平成22年度成果報告書 次世代建築物統合制御システム実証事業費助成金 次世代省エネルギー等建築システム実証事業 株式会社バロー草津新店におけるゼロ・エミッション店舗開発実証事業
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2010
委託先名オリックス株式会社 鹿島建設株式会社 株式会社バロー
プロジェクト番号P09020
部署名エネルギー対策推進部
和文要約業務部門でのエネルギー消費量は年々増加傾向にあり、本年度から改正省エネ法が施行される背景のもと、抜本的に省エネルギーを推進する為には、チェーン展開する店舗へのモデル事業から面展開することが最も効率的であり、本事業の実現による波及効果は大きい。
本事業の目的として、2030年までに年間のCO2排出量を概ねゼロとするゼロ・エミッション店舗の開発を行い、その第1段階として年間のCO2排出量をベースラインに比べ2/3以下に削減した新たな超省エネルギー型店舗モデルの確立を目指す。具体的には、自然エネルギー・建築外皮技術・省エネルギートップランナー設備を組合せて導入することにより、パッシブとアクティブの技術融合を行うとともに、これらを店舗全体で統合制御した最適運用により、トータル・システム建築開発を行う。
実施体制としては、設置事業者(建築主)として株式会社バロー、リース事業者(本事業対象物件所有者)としてオリックス株式会社、設計・施工業者(技術開発者)として鹿島建設株式会社で役割分担を担う。
今回、実証実験モデルとして取り上げたバロー草津店では、従来型店舗の通常導入設備の仕様と比較して、想定年間総CO2排出量を35.2%削減することができ、全国に先駆けたゼロ・エミッション店舗を実現。
導入設備は全て実用化されている技術を採用しているが、これらの複数の技術の総合的な組み合わせと統合制御により、従来型店舗とは異なる新たな超省エネルギー型店舗となっている。
英文要約Title:
An Experimental Demonstration for Zero-Emission Store Development at Valor in Kusatsu
Energy consumed in business operations has been increasing year by year. To promote drastic energy-conservation under the enforcement of amended Act concerning the Rational Use of Energy, the introduction of model projects to chain stores would be most efficient and influential to other businesses.
The goal of this project was to develop a “zero-emission stores” by 2030, for which annual carbon dioxide emissions are effectively zero. The first step aimed to create a super low-energy store model that reduces CO2 emission by 2/3 below the yearly baseline emission level. Specifically, a total architecture system was developed by integrating passive and active technologies through the implementation of a combination of leading natural energy, building exterior technology and low-energy equipment. Optimized total control of the system enables the store to enjoy achieve super low energy consumption.
Division of roles
Valor: Client
ORIX: Equipment leasing
Kajima: Design and construction (technological development)
An experimental demonstration was carried out at a Valor store in Kusatsu. Compared with the existing system installed in other stores, the newly developed system can be expected to reduce total annual CO2 emissions by 35.2%, thereby achieving Japan’s first zero-emission store.
The technology and equipment used for the system are all in practical use. The combination of existing technology and total system control enable the realization of an unprecedented super low-energy store.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る