成果報告書詳細
管理番号20100000001711
タイトル平成20年度-平成21年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A08010c 酵母を利用したバイオマスからの2-デオキシ-シロ-イノソースの発酵生産システムの開発 平成21年度最終
公開日2011/1/8
報告書年度2008 - 2009
委託先名新潟薬科大学高久洋暁
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約・ 酵母Pichia pastorisにDOI合成酵素遺伝子を多コピーで導入することにより、DOIを高生産させることに成功した。
・ 野生型DOI合成酵素よりもDOI合成酵素活性が6倍高い変異型DOI合成酵素を取得し、この変異型合成酵素の利用により、さらにDOIを高生産させることに成功した。
・ DOI合成酵素の基質であるグルコース-6-リン酸を細胞内に蓄積するP. pastoris Δpfk1, Δpfk2株を利用したDOI発酵生産は、効果的であった。
・ 組換え大腸菌又は酵母を利用して、米由来バイオマス培地からDOIの発酵生産に成功した。
英文要約・ Overexpression of 2-deoxy-scyllo-inosose (DOI) synthase gene multiple-integrated at Pichia pastoris chromosomal rDNA locus leaded to high production of DOI.
・ The activity of mutant DOI synthase we obtained was 6-fold higher than native DOI synthase. The recombinant P. pastoris harboring a chromosomally integrated mutant DOI synthase gene efficiently produced DOI as compared the recombinant P. pastoris harboring native DOI synthase gene.
・ The glucose-6-phosphate which is a substrate for DOI synthase accumulating P. pastoris Δpfk1, Δpfk could effectively produce DOI.
・ The recombinant E. coli or yeast harboring DOI synthase could produce DOI from glucose contained in the rice derived biomass nutrient medium.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る